コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大塩の乱 おおしおのらん

2件 の用語解説(大塩の乱の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大塩の乱【おおしおのらん】

1837年大坂で大塩平八郎らが起こした反乱。大塩は窮民救済のため門下の者,近在農村の富農とともに決起。町に火を放ち,船場を襲い,鴻池家などの豪商の蔵を打ち毀(こわ)し,金や米穀を窮民に与えたが,大坂城代,近隣諸藩の武力によって1日で鎮圧され,大塩は自殺。
→関連項目生田万天保の飢饉

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おおしおのらん【大塩の乱】

1837年(天保8)2月19日に,元大坂東町奉行所与力で陽明学者の大塩平八郎(中斎)が,門弟の与力・同心や近隣の豪農を中心に幕政の刷新を期して大坂で起こした事件。前年12月ごろから蜂起の決意を固めてひそかに檄文を印刷し,翌年2月6日から3日間蔵書を売却して得た資金で貧民1万軒に金1朱ずつを施行(せぎよう)したが,その額は620両余に及んだ。2月19日には,恒例によって新任の西町奉行堀利堅が先任の東町奉行跡部良弼の案内で市中を巡見し,午後4時ごろ天満四軒屋敷にあった大塩邸(洗心洞塾)向いの朝岡助之丞宅に着く予定であり,両奉行をここに襲撃して挙兵するはずであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大塩の乱の関連キーワード大塩平八郎の乱嵐璃寛(2代)岩城隆永小川椙太惣領甚六(2代)玉置高良土岐頼布細川興徳村井養斎米倉昌言

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大塩の乱の関連情報