コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大庭柯公 おおばかこう

5件 の用語解説(大庭柯公の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大庭柯公
おおばかこう

[生]明治5(1872).7.27. 山口
[没]1921?
ジャーナリスト。本名は景秋。 1906年『大阪毎日新聞』へ入社。以後『東京朝日新聞』や『読売新聞』に移って,ロシア通の記者として活躍。次第に社会主義に接近。革命後のロシア視察のため 1921年訪露。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大庭柯公 おおば-かこう

1872-? 明治-大正時代の新聞記者。
明治5年7月27日生まれ。二葉亭四迷とともにロシア語をまなび,日露戦争で通訳官をつとめる。「大阪毎日新聞」や「東京朝日新聞」の海外特派員をへて,読売新聞社に入社する。大正10年ロシア革命後のモスクワにはいり,11年以後消息をたった。山口県出身。本名は景秋。著作に「露国及露人研究」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大庭柯公

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:明治5.7.27(1872.8.30)
明治大正期の新聞記者,随筆家。本名景秋。山口県長府町(下関市)に大庭景明ととき子の3男として生まれる。父に従って上京したが,父は不遇のまま,明治17(1884)年死去。以後,給仕や書生をしながら夜学で英語,ロシア語を学び,その際二葉亭四迷との交際を経て大きな影響を受けた。29年ウラジオストクに渡りロシア商館の通訳,帰国後は香川の陸軍師団や参謀本部のロシア語教師,通訳などを勤めた。39年再度ウラジオストクに渡ったが,革命派の容疑を受け拘禁される。同年秋帰国し,大阪毎日新聞社に入社,明治末期は同社特派員として豪州,フィリピン,南米,ヨーロッパを旅行し,紀行記を発表。『東京日日新聞』を経て,東京朝日新聞社に移り,第1次世界大戦(1914~19)の欧州東部戦線を取材し,文名をあげた。民本主義思想の影響を受け,労働運動社会運動への関心を次第に深めたが,大正7(1918)年,日露戦争講和反対論を展開していた『大阪朝日新聞』の筆禍・白虹事件の余波が東京におよんだことから朝日新聞社を退社し,新聞記者組合の提唱,著作家組合設立など知識人の自立を模索する。8年読売新聞社に入社し,外交問題に筆をふるった。10年革命後のロシア視察のためシベリアからモスクワに入ったが,軍事スパイの嫌疑を受け投獄された。その後の消息は不明だが,13年死没したと推測される。大正デモクラシーの論客としてだけでなく,その思想をジャーナリズムにおいて実践しようとした独自の存在であった。<著作>柯公全集刊行会編『柯公全集』

(有山輝雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おおばかこう【大庭柯公】

1872‐1923?(明治5‐大正12?)
ジャーナリスト。山口県長府町(現下関市)生れ。本名景秋。父伝七は下関の豪商白石正一郎の弟。元東京外語教師古川常一郎にロシア語を学ぶ。兄弟子に二葉亭四迷。1896年ウラジオストクのロシア商館に通訳として入社。1901年参謀本部通訳官,02年4月外務省海外練習生としてハルビンにいき,11月大連で家具店を経営。この時期までもっぱら〈国士〉たらんとして活動。日露戦争には通訳官として従軍。戦後《大阪毎日新聞》に入り,主として海外特派員として活躍するが11年退社。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大庭柯公
おおばかこう
(1872―?)

明治・大正期の新聞記者。本名は景秋(かげあき)。長州藩士の家に生まれたが、維新のため家は没落。給仕などをしながら英語、ロシア語を学び、単身でロシアに渡り、帰国後は通訳として活動した。日露戦争には参謀本部通訳官として従軍。1906年(明治39)ウラジオストクに入ったが、スパイ容疑で強制送還される。同年大阪毎日新聞社に入り、海外特派員として活躍。1914年(大正3)東京朝日新聞社に転じ、ロシア駐在記者となる。1918年「白虹筆禍(はっこうひっか)事件」に対する社内処理に憤慨して退社。また『中央公論』誌上に記者組合結成を提起するなど、ジャーナリスト運動の先駆者。1921年、ロシア革命取材のためソ連に入り、消息不明となる。[有山輝雄]
『久米茂著『消えた新聞記者――大庭柯公』(1968・雪書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大庭柯公の関連キーワード鳥居素川大庭景明猪股為次香川悦次金井紫雲川尻東馬柴田かよ関如来林儀作松井柏軒

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone