大庭柯公(読み)おおばかこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大庭柯公
おおばかこう

[生]明治5(1872).7.27. 山口
[没]1921?
ジャーナリスト。本名は景秋。 1906年『大阪毎日新聞』へ入社以後東京朝日新聞』や『読売新聞』に移って,ロシア通の記者として活躍。次第に社会主義接近。革命後のロシア視察のため 1921年訪露。7月 15日チタ発の通信を最後に消息を絶った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大庭柯公 おおば-かこう

1872-? 明治-大正時代の新聞記者。
明治5年7月27日生まれ。二葉亭四迷とともにロシア語をまなび,日露戦争で通訳官をつとめる。「大阪毎日新聞」や「東京朝日新聞」の海外特派員をへて,読売新聞社に入社する。大正10年ロシア革命後のモスクワにはいり,11年以後消息をたった。山口県出身。本名は景秋。著作に「露国及露人研究」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大庭柯公

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:明治5.7.27(1872.8.30)
明治大正期の新聞記者,随筆家。本名景秋。山口県長府町(下関市)に大庭景明ととき子の3男として生まれる。父に従って上京したが,父は不遇のまま,明治17(1884)年死去。以後,給仕や書生をしながら夜学で英語,ロシア語を学び,その際二葉亭四迷との交際を経て大きな影響を受けた。29年ウラジオストクに渡りロシア商館の通訳,帰国後は香川の陸軍師団や参謀本部のロシア語教師,通訳などを勤めた。39年再度ウラジオストクに渡ったが,革命派の容疑を受け拘禁される。同年秋帰国し,大阪毎日新聞社に入社,明治末期は同社特派員として豪州,フィリピン,南米,ヨーロッパを旅行し,紀行記を発表。『東京日日新聞』を経て,東京朝日新聞社に移り,第1次世界大戦(1914~19)の欧州東部戦線を取材し,文名をあげた。民本主義思想の影響を受け,労働運動や社会運動への関心を次第に深めたが,大正7(1918)年,日露戦争講和反対論を展開していた『大阪朝日新聞』の筆禍・白虹事件の余波が東京におよんだことから朝日新聞社を退社し,新聞記者組合の提唱,著作家組合設立など知識人の自立を模索する。8年読売新聞社に入社し,外交問題に筆をふるった。10年革命後のロシア視察のためシベリアからモスクワに入ったが,軍事スパイの嫌疑を受け投獄された。その後の消息は不明だが,13年死没したと推測される。大正デモクラシーの論客としてだけでなく,その思想をジャーナリズムにおいて実践しようとした独自の存在であった。<著作>柯公全集刊行会編『柯公全集』

(有山輝雄)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおばかこう【大庭柯公】

1872‐1923?(明治5‐大正12?)
ジャーナリスト。山口県長府町(現下関市)生れ。本名景秋。父伝七は下関の豪商白石正一郎の弟。元東京外語教師古川常一郎にロシア語を学ぶ。兄弟子に二葉亭四迷。1896年ウラジオストクのロシア商館に通訳として入社。1901年参謀本部通訳官,02年4月外務省海外練習生としてハルビンにいき,11月大連で家具店を経営。この時期までもっぱら〈国士〉たらんとして活動。日露戦争には通訳官として従軍。戦後《大阪毎日新聞》に入り,主として海外特派員として活躍するが11年退社。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大庭柯公
おおばかこう
(1872―?)

明治・大正期の新聞記者。本名は景秋(かげあき)。長州藩士の家に生まれたが、維新のため家は没落。給仕などをしながら英語、ロシア語を学び、単身でロシアに渡り、帰国後は通訳として活動した。日露戦争には参謀本部通訳官として従軍。1906年(明治39)ウラジオストクに入ったが、スパイ容疑で強制送還される。同年大阪毎日新聞社に入り、海外特派員として活躍。1914年(大正3)東京朝日新聞社に転じ、ロシア駐在記者となる。1918年「白虹筆禍(はっこうひっか)事件」に対する社内処理に憤慨して退社。また『中央公論』誌上に記者組合結成を提起するなど、ジャーナリスト運動の先駆者。1921年、ロシア革命取材のためソ連に入り、消息不明となる。[有山輝雄]
『久米茂著『消えた新聞記者――大庭柯公』(1968・雪書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android