コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大牧温泉 おおまきおんせん

4件 の用語解説(大牧温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大牧温泉
おおまきおんせん

富山県南西部,南砺市にある温泉。庄川をせき止めた小牧ダムのダム湖に臨み,湖に張り出すように宿の建物が建つ。泉質は弱食塩泉。泉温は 59℃。胃腸病や神経痛などにきくといわれる。湯量は豊富で,冬でも入れる露天風呂がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおまき‐おんせん〔おほまきヲンセン〕【大牧温泉】

富山県南砺(なんと)市にある温泉。泉質は塩化物泉硫酸塩泉小牧ダムから船で30分ほどさかのぼった、庄川峡の右岸にある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おおまきおんせん【大牧温泉】

富山県南西部、庄川中流の渓谷にある食塩泉。一帯は庄川峡となる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大牧温泉
おおまきおんせん

富山県南砺(なんと)市にある温泉。小牧ダムでできた庄川(しょうがわ)峡の右岸にあり、泉質は硫酸塩泉である。水際に建てられた旅館の窓から釣りが楽しめる。小牧ダム(砺波(となみ)市)から庄川峡を遊覧船でさかのぼること約35分。この船は上流祖山(そやま)まで通じていて、五箇山(ごかやま)へのルートともなっている。[深井三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大牧温泉の関連キーワード富山県南砺市井口富山県南砺市入谷富山県南砺市柴田屋富山県南砺市寿川富山県南砺市祖谷富山県南砺市高瀬富山県南砺市殿富山県南砺市苗島富山県南砺市法林寺富山県南砺市やかた

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大牧温泉の関連情報