コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大畠 おおばたけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大畠
おおばたけ

山口県南東部,柳井市北東部の旧町域。大畠瀬戸に面する。 1971年町制。 2005年柳井市と合体。対岸の大島との間に 1976年大島大橋が架橋。山地が多く,海岸部に耕地や集落がある。ミカンの栽培およびタイの一本釣りなどが主要産業。西部の妙円寺には尊皇攘夷論者の月性の墓があり境内に月性展示館がある。岩尾の滝,海原神社と鳴門神社の合同祭「にわか祭」の神事などが知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大畠
おおばたけ

山口県南東部、玖珂(くが)郡にあった旧町名(大畠町(ちょう))。現在は柳井(やない)市の東部を占める地域。大畠瀬戸に臨む。旧大畠町は1971年(昭和46)町制施行。2005年(平成17)柳井市と合併した。JR山陽本線と国道188号、437号が通る。長く国鉄連絡船による大島(周防(すおう)大島)への渡津(としん)であったが、1976年に大島大橋が開通した。7ノットの急潮の瀬戸は『万葉集』に「大島の鳴門(なると)」とみえ、般若姫(はんにゃひめ)伝説を残している。大畠の漁村はタイ一本釣りを行い、遊漁客が多い。鳴門神社の奇祭「にわか祭」は神輿(みこし)を海に入れ、大漁を祈る神事。[三浦 肇]
『『大畠町史』(1992・大畠町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone

大畠の関連情報