コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大麻比古神社 おおあさひこじんじゃ

4件 の用語解説(大麻比古神社の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大麻比古神社【おおあさひこじんじゃ】

徳島県鳴門市大麻町板東に鎮座。旧国幣中社。大麻比古神(天太玉(あめのふとだま)命)をまつる。その子孫天富(あめのとみ)命が,殖産の徳を仰いでまつったといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

大麻比古(おおあさひこ)神社

徳島県鳴門市にある神社。創祀は不明。祭神は大麻比古大神、猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)。阿波国一之宮。交通安全の神として信仰を集める。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おおあさひこじんじゃ【大麻比古神社】

徳島県鳴門市大麻町に鎮座。大麻比古神,猿田彦大神をまつる。《古語拾遺》によると,神武天皇の時代,太玉命(大麻比古神)の孫,天富命は,肥沃の地を阿波国に求め,榖(かじ)と麻の種を植えたという。のちに天富命が阿波国の守護神として太玉命をまつる太玉命社を建てたのが,当社のはじめといわれている。猿田彦大神は古く大麻山の峰にまつられていたが,のち,当社に合祀されたと伝えられる。古来,衆庶の篤い信仰が寄せられ,883年(元慶7)従四位上の神位を賜り,《延喜式》には名神大社として見え,阿波国一宮でもあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大麻比古神社
おおあさひこじんじゃ

徳島県鳴門(なると)市大麻町に鎮座。大麻比古大神(おおかみ)を主神とし、猿田彦(さるたひこ)大神を配祀(はいし)する。創建年代不詳。社伝では、天太玉命(あめのふとだまのみこと)の子孫天富命(あめのとみのみこと)が勅命を受け、阿波(あわ)国に至り、粟(あわ)、麻などを植え殖産興業の基を開き、大麻比古神を奉斎したことに始まるという。859年(貞観1)に従(じゅ)五位上、883年(元慶7)に従四位上、延喜(えんぎ)の制で名神(みょうじん)大社に列した。中世以降、細川、三好(みよし)、蜂須賀(はちすか)氏ら武将に崇敬され、神領寄進また社殿の造営を受けた。明治の制で国幣中社。例祭11月1日のほか、特殊神事に鎮火祭(2月節分)、大御神楽祭(おおみかぐらさい)、湯神楽祭(いずれも旧暦3月12日)などがある。[鎌田純一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大麻比古神社の関連キーワード鳴門海峡神宮大麻大麻糸大麻油大麻暦第九の里なるちゃん鳴門鯛谷千生能田誉重

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大麻比古神社の関連情報