コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大麻山 おおさやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大麻山
おおさやま

香川県西部,善通寺市三豊市との境界にある山。標高 616m。広義には南東方の琴平山 (別称金毘羅山,象頭山) を含む。花崗岩類上に讃岐岩質安山岩を載せ,山頂に細長い平坦面を残す開析された溶岩台地東麓に大麻神社があり,一帯は瀬戸内海国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおあさやま【大麻山】

徳島県鳴門市西部の山。標高538m。南麓にある大麻比古神社の神山で,暖地性樹林の茂る山頂の奥宮には峯神社と通夜堂が残る。神社は阿波国一宮で,〈お麻はん〉として親しまれ,初詣でにぎわう。1961年県立自然公園に指定され,ハイキングコースが通じる。葉山信仰を伴う山の一例である。【高木 秀樹】

おおさやま【大麻山】

香川県北西部,善通寺市と琴平町高瀬町の境界にあたる山で,溶岩台地のなごりである。標高616m。南東部を象頭山(ぞうずさん)とよび,金刀比羅(ことひら)宮の神域で,暖帯自然林でおおわれ,名勝,天然記念物に指定されている。ふもとには1368段の長い石段の参詣道と,それに沿って数百軒の旅館,飲食店,みやげ物店が並ぶ門前町琴平が発達している。【坂口 良昭

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大麻山
おおさやま

香川県西部、善通寺(ぜんつうじ)市と三豊(みとよ)市の境にある山。標高616メートル。花崗(かこう)岩の上に安山岩がのる南北約5キロメートル、東西約2キロメートルの台地の北部にあるが、南東部の琴平山(象頭山(ぞうずさん))を含め、台地全体を大麻山とよぶ場合もある。瀬戸内海国立公園の一部で、頂上からの展望がよい。[稲田道彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大麻山の関連キーワード島根県浜田市三隅町室谷大麻山県立自然公園徳島(県)琴平公園

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大麻山の関連情報