コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天文道 テンモンドウ

4件 の用語解説(天文道の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てんもん‐どう〔‐ダウ〕【天文道】

天文・気象を観察し、その変異により吉凶を察知する術。律令制では、陰陽寮(おんようりょう)天文博士が置かれ、天文の観察や異変の際の密奏をつかさどった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

てんもんどう【天文道】

太陽,月,星,風,雲などの天然現象を観測し,その変異によって吉凶禍福を判断する術で,陰陽道(おんみようどう)と深い関係にある迷信的なものであった。日本には7世紀初頭に百済より僧観勒によって伝えられたのが最初とされるが,律令官制では中務省の被管の陰陽寮に天文博士1人を置いてそのことをつかさどらせ,また天文生10人に技術を伝授した。当時,天文に関する図書は関係者以外は見ることを許されず,また天文生は観測結果を他人にもらすことを禁ぜられるなど,厳しく規制されていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

てんもんどう【天文道】

天空の諸現象を観察して、季節を知り、異変を察し、異変があれば古例・文献に照合して記録し、吉凶を判断する術。律令制では陰陽寮の職掌、平安中期以降は安倍家(土御門家)の世業となった。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天文道
てんもんどう

陰陽五行(いんようごぎょう)説を母胎として成立した中国の天文学。6世紀ごろ朝鮮を経由して日本へ伝わった。大宝令(たいほうりょう)の制では隋唐(ずいとう)に倣って中務(なかつかさ)省の陰陽(おんよう)寮に天文博士(はかせ)らの専門職が置かれた。日月、五星、二十八宿などの運行や五雲、十二風気の気色をうかがって気節を知り異変を察する方術で、今日の天文学とは異なる。平安中期から陰陽寮の職務が世業化されるが、賀茂保憲(かものやすのり)が高弟安倍晴明(あべのせいめい)に天文分野を伝えてからその系統に独占され、これを土御門(つちみかど)家という。したがって、狭義の天文道出現は10世紀以後である。以後は天象により吉凶を判ずるのを中心としたから、さらに俗信化していった。その方法、理論は室町初期の『(ほき)内伝』に集大成されている。17世紀末、江戸幕府が天文方を設けてからその支配力は衰えた。[下出積與]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone