東郷池(読み)とうごういけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東郷池
とうごういけ

鳥取県中部,天神川の下流東岸の流域にある潟湖。面積 4.1km2。周囲 13km。最大水深 4.6m。平均水深 2.1mの汽水湖北条砂丘の発達と天神川の堆積作用により,かつての海が取残されて形成された。フナ,コイ,シラウオワカサギ,ボラなどが生息するが,近年汚染により生態系に変化が生じている。南岸東郷温泉西岸羽合温泉,北東岸には伯耆一宮の倭文神社,東岸にはハナショウブで知られるあやめ池があり,三朝東郷湖県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とうごう‐いけ〔トウガウ‐〕【東郷池】

鳥取県中央北部、東伯(とうはく)郡湯梨浜(ゆりはま)町にある湖。天神川河口東岸、北条砂丘の裏にできた潟湖(せきこ)。標高0メートル、周囲12キロメートル、最大水深3.6メートル、面積4.1平方キロメートル。汽水湖で富栄養湖。コイ・フナなどがとれる。東郷。形がツルに似ていることから「鶴ヶ池」ともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

東郷池【とうごういけ】

鳥取県中部の湖。面積4.05km2,最深3.6m。天神川の埋積と北条砂丘の発達により形成された潟湖で,ほぼ淡水。鎌倉期の絵図の中に現状に近い形で描かれ,漁師とみられる人物がいる。江戸時代には漁業に対して池役銀が課され,また漁業権をめぐる争いもあった。富栄養湖でフナ,シラウオ,ワカサギ,ドジョウなどを産し,四つ手網漁業が盛ん。湖底に温泉がわき,湖畔には東郷,羽合(はわい)温泉がある。
→関連項目東郷[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうごういけ【東郷池】

鳥取県中部,東郷町と羽合(はわい)町にまたがる淡水の潟湖。湖の東側に溶岩台地が迫り,西側に低地がひろがる。面積4.2km2,周囲11.5km,最大水深5.2m,平均水深1.5m。北西端から橋津川が流出して日本海に注ぐ。最近水質の汚濁や湖底のへどろ化が問題となり,改善がすすめられている。湖中および湖岸から温泉が湧出し,南東岸に東郷温泉(含食塩セッコウ泉,85~94℃),西岸に羽合温泉(含食塩セッコウ泉,50~70℃)の旅館街が建ち並ぶ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔鳥取県〕東郷池(とうごういけ)


鳥取県東伯(とうはく)郡湯梨浜(ゆりはま)町、倉吉(くらよし)平野の東部にある潟湖(せきこ)。面積4.06km2。天神(てんじん)川河口近くに北条(ほうじょう)砂丘が発達して形成された。橋津(はしづ)川で日本海と結ばれる汽水湖。コイ・フナ・ワカサギなどがとれ、冬季にはカモなどの水鳥が飛来する。湖中・湖岸に温泉がわき、西岸に羽合(はわい)温泉、南岸に東郷温泉の温泉街がある。三朝(みささ)東郷湖県立自然公園の一中心地。鶴ヶ池(つるがいけ)ともいう。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東郷池
とうごういけ

鳥取県中央部、東伯(とうはく)郡湯梨浜(ゆりはま)町の天神(てんじん)川河口東岸の北条(ほうじょう)砂丘裏にできた海跡湖。鶴(つる)ヶ池ともいう。面積4.1平方キロメートル、湖盆深度2.5メートル、透明度1.5メートルの汽水湖で富栄養湖。1258年(正嘉2)の東郷荘園(しょうえん)図に比べ、現湖面は沖積作用で狭くなっている。湖中と西岸の逆デルタ先端にははわい温泉、南岸には東郷温泉がある。近年、湖の汚染化に伴い、強風波浪時には浮上した底質黒色泥の硫化水素臭が生じる。コイ、フナ、ウナギのほかコノシロやマガレイも生息するが、海水の流入増で生態系の変化がみられる。冬季にはカモ類やホシハジロなどの水鳥も飛来する。[岩永 實]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東郷池の関連情報