コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太上感応篇 たいじょうかんのうへんTai-shang gan-ying-pian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太上感応篇
たいじょうかんのうへん
Tai-shang gan-ying-pian

道教の経典。南宋初期の李石 (昌齢) が太上老君 (老子) のお告げをまとめて編んだと伝えられる。太上老君の教えに託し,人が長寿を得るためには多くの善行を積まなければならないとして善行,悪行を列挙している。民間に広く行われた勧善書である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいじょうかんのうへん【太上感応篇 Tài shàng gǎn yìng piān】

中国の善書(勧善の書)で,もっとも初期の,かつもっとも著名なもの。南宋(1127‐1279)の初め,李昌齢によって作られた。人の寿命禍福は,その人の行為のいかんによって定められるとする勧善懲悪の書であるが,宿命論的な因果応報説とは異なる。人の行為は,北斗星,三尸(さんし)神,竈(そう)神などの司命神によって日夜監視され,すべて天に報告される。その報告記録にもとづいて,天が寿命・禍福を決定したり変更したりすると説く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太上感応篇
たいじょうかんおうへん

中国、善書(勧善書)の一つ。著者は不詳。太上老君(たいじょうろうくん)に仮託しているが、実際は南宋(なんそう)初期の李石(りせき)ともいわれる。感応とは因果応報の意味で、天地の間に司過の神がおり、過を犯すと生命を縮め、功をなせばその逆になると説き、社会道徳の実践を勧めている。その思想的淵源(えんげん)は葛洪(かっこう)の『抱朴子(ほうぼくし)』までさかのぼれる。[尾崎正治]
『吉岡義豊著『道教の研究』(1952・法蔵館) ▽窪徳忠著『道教史』(『世界宗教史叢書9』1977・山川出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の太上感応篇の言及

【功過格】より

…晋の葛洪(かつこう)の《抱朴子》内篇巻三の〈対俗〉,内篇巻六の〈微旨〉には,人間の行為の結果を神が判断して,その人の寿命を定めるという後の功過格の基本的な考えが見られる。これが南宋初の《太上感応篇》に取り入れられ,功過格の基本的な型ができ上がった。 しかし,ここでは功過格の特色である行為を点数化して計量することはまだ行われていない。…

※「太上感応篇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

太上感応篇の関連キーワード道教

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android