コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太郎山 たろうざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太郎山
たろうざん

栃木県西部,戦場ヶ原の北部にそびえる火山。標高 2368m。トロイデ型の火山で,主として第四紀の石英安山岩より成る。山頂には直径約 200mの円形の火口跡があり,湿原で夏にはハクサンチドリなどの花畑となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の太郎山の言及

【男体山】より

…二荒(ふたら)山,日光山,黒髪山ともいう。北東には大真名子(おおまなご)山(2375m),小真名子山(2323m),女峰(によほう)山(2464m),赤薙(あかなぎ)山(2010m),北西には太郎山(2368m),山王帽子(さんのうぼうし)山(2085m)が連なり,戦場ヶ原,湯ノ湖を隔てた白根山(日光白根)などとともに日光火山群を形成する。うち男体,女峰,太郎の三つの山は日光三山(広義の日光山)とも呼ばれる。…

※「太郎山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

太郎山の関連キーワード谷川岳・谷川嶽日光国立公園男体山頂遺跡安達太良山日光火山群二荒山神社石見[町]日光(市)万太郎富士上田盆地上田城跡戸石城奥日光赤谷川谷川岳男体山隠約

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android