コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥州総奉行 おうしゅうそうぶぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奥州総奉行
おうしゅうそうぶぎょう

鎌倉幕府の奥州統治機関。文治5 (1189) 年,源頼朝は奥州藤原氏征伐後,葛西清重陸奥国御家人統率と治安維持にあたらせ,翌年,京下りの御家人伊沢家景陸奥留守職に補任し,庶民の訴訟取次ぎを命じて,その所務をとらせた。のちこの両職務がこの名で呼ばれた。幕府の滅亡により廃止。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

奥州総奉行【おうしゅうそうぶぎょう】

鎌倉幕府の奥州管轄機関。《吾妻鏡(あづまかがみ)》建久6年(1195年)9月29日条に,葛西清重(かさいきよしげ)と伊沢家景(いざわいえかげ)を奥州総奉行としている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おうしゅうそうぶぎょう【奥州総奉行】

鎌倉幕府の奥州管轄機関をいう。源頼朝は,1189年(文治5)奥州征伐の直後,葛西清重に陸奥国御家人奉行,平泉郡内検非違所管領,その他戦後処理に絡む強大な権限を与え,翌年の大河兼任の乱平定後には,伊沢家景陸奥国留守職に任命した。戦後処理がおさまった95年(建久6)頼朝は再び葛西・伊沢両氏に対して,故藤原秀衡の後家の庇護を命じたが,《吾妻鏡》はこれを〈両人は奥州惣奉行たるに依て也〉と評した(建久6年9月29日条)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おうしゅうそうぶぎょう【奥州総奉行】

鎌倉幕府の職名。奥州征伐直後、奥州地方の御家人の統率、治安の維持などのために葛西清重を任じたことに始まる。幕府滅亡時に廃止。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奥州総奉行
おうしゅうそうぶぎょう

鎌倉幕府の地方制度の一つ。1189年(文治5)奥州征伐の直後、葛西清重(かさいきよしげ)は陸奥(むつ)国御家人(ごけにん)の統率、および平泉(ひらいずみ)郡内検非違所(けびいしょ)の管領(かんれい)などを命ぜられた。また翌年3月には伊沢家景(いざわいえかげ)が陸奥国留守職(るすしき)となり、多賀国府(たがこくふ)に赴任、勧農(かんのう)、「民庶の愁訴」の取り次ぎ、国務に従わない者の取締りなどを行うことになり、やがてこの両者を奥州総(惣(そう))奉行とよぶようになった。鎌倉時代を通じて、葛西、伊沢(留守)の両氏がこの職についた。平泉、多賀城の両所は鎌倉期においても奥州の政治的中心であり続けた。[入間田宣夫]
『小林清治・大石直正編『中世奥羽の世界』(1978・東京大学出版会・UP選書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の奥州総奉行の言及

【陸奥国】より

…荘園は摂関家領と皇室領が多く,保は国衙(こくが)(多賀城)と平泉の周辺に多い。
[鎌倉時代]
 1189年(文治5)の奥州征伐によって,奥州藤原氏を攻め滅ぼした源頼朝は,戦後この国に2人のいわゆる奥州総奉行(おうしゆうそうぶぎよう)をおいた。その1人は,合戦の直後に平泉におかれた葛西清重で,彼は陸奥国の御家人統率と,平泉郡内検非違所(けびいしよ)すなわち検断(警察)のことを命ぜられた。…

※「奥州総奉行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

奥州総奉行の関連キーワード宮城(県)石巻(市)奥州探題葛西氏寺池城留守氏

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android