コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妊娠中毒 にんしんちゅうどくtoxemia of late pregnancy

世界大百科事典 第2版の解説

にんしんちゅうどく【妊娠中毒 toxemia of late pregnancy】

医学的には妊娠中毒症という。妊娠後半期(ことに妊娠20週以降)によくみられる妊娠に起因する疾患で,その本態は今日もなお不明である。病変は複数の臓器に及ぶが,妊娠の終了により速やかに治癒あるいは軽快することが多い。浮腫,高血圧タンパク尿が妊娠中毒症の三大症状であるが,神経症状の著しい子癇(妊娠,分娩,産褥(さんじよく)期に突発する痙攣(けいれん)発作)も特殊型として本症に含まれる。 診断法の進歩により,従来妊娠中毒症のなかに含まれていた各種の妊娠偶発合併症(心疾患や糖尿病合併妊娠)が除外されたり,妊産婦の管理が改善されたために,現在では総分娩数の8~12%前後(以前は10~30%)に発症率は低下している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の妊娠中毒の言及

【胎盤早期剝離】より

…またDICを起こすと,腎臓機能を障害して無尿となる。本症は妊娠中毒症に多発するとされているが,発症前に妊娠中毒症症状のみられないものも多く,その頻度はほぼ半々とされている。転倒や暴力などによる外傷性原因も少なくない。…

【つわり】より

…肝臓および自律神経機能障害,代謝異常,体液バランスまたはホルモンの失調,栄養障害がみられる。妊娠悪阻は妊娠中毒症の早期症状とされていたが,現在では妊娠中毒症は妊娠後期にのみ発現するものと考えられ,妊娠悪阻は妊娠中毒症からははずされるに至った。症状により3期に分けられる。…

※「妊娠中毒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

妊娠中毒の関連情報