(読み)コウ

精選版 日本国語大辞典の解説

ありな【孔】

〘名〙 江戸中期の国学者、富士谷成章(ふじたになりあきら)の用いた文法用語。動詞(事(こと))のうち、特にいわゆるラ行変格活用の動詞「あり」について名付けた。
※あゆひ抄(1773)おほむね「ありなに『あり』といひ、脚結(あゆひ)に『あり』と言ふ」

こう【孔】

[1] 〘名〙
① 低くくぼんだ所。また、うつろに貫いた所。〔医語類聚(1872)〕
② あなのあいた銭。すなわち一文銭のこと。
[2] 〘接尾〙 一文銭の数を数えるのに用いる。
※随筆・閑窓瑣談(1841)二「八孔(コウ)の価にて只二つ売りたる燈籠が」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

孔の関連情報