(読み)こう

精選版 日本国語大辞典 「孔」の意味・読み・例文・類語

こう【孔】

[1] 〘名〙
① 低くくぼんだ所。また、うつろに貫いた所。〔医語類聚(1872)〕
② あなのあいた銭。すなわち一文銭のこと。
[2] 〘接尾〙 一文銭の数を数えるのに用いる。
随筆・閑窓瑣談(1841)二「八孔(コウ)の価にて只二つ売りたる燈籠が」

ありな【孔】

〘名〙 江戸中期の国学者富士谷成章(ふじたになりあきら)の用いた文法用語。動詞(事(こと))のうち、特にいわゆるラ行変格活用の動詞「あり」について名付けた。
あゆひ抄(1773)おほむね「ありなに『あり』といひ、脚結(あゆひ)に『あり』と言ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「孔」の意味・読み・例文・類語

こう【孔】[漢字項目]

常用漢字] [音]コウ(漢) ク(呉) [訓]あな
あな。「眼孔気孔穿孔せんこう瞳孔どうこう鼻孔
孔子のこと。「孔孟こうもう孔門
[名のり]うし・ただ・みち・よし
難読孔雀くじゃく針孔みぞ針孔めど

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android