(読み)ありな

精選版 日本国語大辞典「孔」の解説

ありな【孔】

〘名〙 江戸中期の国学者、富士谷成章(ふじたになりあきら)の用いた文法用語。動詞(事(こと))のうち、特にいわゆるラ行変格活用の動詞「あり」について名付けた。
あゆひ抄(1773)おほむね「ありなに『あり』といひ、脚結(あゆひ)に『あり』と言ふ」

こう【孔】

[1] 〘名〙
① 低くくぼんだ所。また、うつろに貫いた所。〔医語類聚(1872)〕
② あなのあいた。すなわち一文銭のこと。
[2] 〘接尾〙 一文銭の数を数えるのに用いる。
随筆・閑窓瑣談(1841)二「八孔(コウ)の価にて只二つ売りたる燈籠が」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android