存在と無(読み)そんざいとむ(英語表記)L'Être et le néant-Essai d'ontologie phénoménologique

  • L'Être et le Néant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フランスの哲学者ジャン=ポール・サルトル主著初版は 1943年。 E.フッサール現象学に立脚し,M.ハイデガーの影響が認められる。意識は常になにものかについての意識であるが,意識の対象となるのは端的に存在する即自である。これに対する意識は存在ならぬもの,であり,は自己を脱して存在を意識するものとして実存している。このあり方は対自と呼ばれ,無を生み出していく自由である。人間は同時に他者に対する対他でもあり,彼の自由は状況のなかにおかれている。この状況における自由こそ,その後のサルトルの主題となったものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フランスの哲学者・作家サルトルの哲学論文。1943年刊。「現象学的存在論の試み」という副題がつけられており、フッサールとハイデッガーの影響を受けながら、著者独自の無神論的実存主義を確立した画期的な大著である。彼はまず、デカルトの「コギト」(われ思う)を純化して、これをまったく自発的な非反省的意識としてとらえるところから出発し、フッサールに倣って、意識の志向性(あらゆる意識は何かの意識である)を強調しつつ、自由の根拠である意識と、その意識を制約する事物の偶然性との相克、一つの意識と他者の意識との相克などを詳細に論じ、ダイナミックな哲学世界をつくりあげることに成功した。厳密を極めた論理を展開しながらも、現実の人間存在の具体性をもあわせ備えており、後年のサルトルの思想と行動の基盤を据えた大作である。彼の「アンガージュマン」の構造についても、周到な哲学的位置づけがなされている。

[鈴木道彦]

『松浪信三郎訳『存在と無』1・2・3(1955~60・人文書院)』『竹内芳郎著『サルトル哲学序説』(1972・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(原題L'Être et le Néant) 哲学書。サルトル著。一九四三年刊。無神論的実存主義の立場からサルトルが論じた存在論で、キリスト教的存在論を否定し、人間存在の細密な分析を行なって、第二次世界大戦後の問題作となった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android