コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

存在と無 そんざいとむ L'Être et le néant-Essai d'ontologie phénoménologique

4件 の用語解説(存在と無の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

存在と無
そんざいとむ
L'Être et le néant-Essai d'ontologie phénoménologique

フランスの哲学者ジャンポールサルトルの主著。初版は 1943年。 E.フッサール現象学に立脚し,M.ハイデガーの影響が認められる。意識は常になにものかについての意識であるが,意識の対象となるのは端的に存在する即自である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そんざいとむ【存在と無】

《原題、〈フランスL'Être et le Néantサルトルの哲学書。1943年刊。無神論実存主義の原典といわれ、存在するものはすべて善とするキリスト教存在論を否定した画期的な著作。特に人間存在の細密な分析と、他者の追究を行っている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

そんざいとむ【存在と無】

サルトルの哲学的主著。1943年刊。即自存在に対置される対自存在としての意識・人間存在を「無」ととらえ、人間の即自-対自への投企を存在と無の弁証法として解明する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

存在と無
そんざいとむ
L'tre et le Nant

フランスの哲学者・作家サルトルの哲学論文。1943年刊。「現象学的存在論の試み」という副題がつけられており、フッサールとハイデッガーの影響を受けながら、著者独自の無神論的実存主義を確立した画期的な大著である。彼はまず、デカルトの「コギト」(われ思う)を純化して、これをまったく自発的な非反省的意識としてとらえるところから出発し、フッサールに倣って、意識の志向性(あらゆる意識は何かの意識である)を強調しつつ、自由の根拠である意識と、その意識を制約する事物の偶然性との相克、一つの意識と他者の意識との相克などを詳細に論じ、ダイナミックな哲学世界をつくりあげることに成功した。厳密を極めた論理を展開しながらも、現実の人間存在の具体性をもあわせ備えており、後年のサルトルの思想と行動の基盤を据えた大作である。彼の「アンガージュマン」の構造についても、周到な哲学的位置づけがなされている。[鈴木道彦]
『松浪信三郎訳『存在と無』1・2・3(1955~60・人文書院) ▽竹内芳郎著『サルトル哲学序説』(1972・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

存在と無の関連キーワードフランス組曲フランス窓ルノートルフランス刺繍王と鳥フランス白粉の秘密ぶらんこの絶好のチャンスミッション・クレオパトララスクフランスヴィ・ド・フランス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

存在と無の関連情報