コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

序の舞 じょのまい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

序の舞
じょのまい

能の舞の名称。呂中干中 (りょちゅうかんちゅう) の (じ) の定型を繰返す譜につれてきわめてゆるいテンポで舞うもの。初めに序という部分があって足拍子を踏んでから舞う。普通は,序のあとに3段 (正式には5段) あって,次第にテンポが速くなる。三番目物の女性や精霊のシテに多い。旋律をおもに,大鼓小鼓が囃し,曲によってこれに太鼓が入る。笛は黄鐘 (おうしき) 調の旋律によるが,特定の曲 (『雪』) や,小書 (こがき) という特殊演出の行われるときには盤渉 (ばんしき) 調の旋律になる。また,特別なものに「真の序の舞」があり,老体の神などが舞う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じょ‐の‐まい〔‐まひ〕【序の舞】

舞事(まいごと)の一。初めにの部分がある静かで典雅な舞。また、その囃子(はやし)。笛地に大鼓・小鼓および太鼓ではやす。三番目物シテの優美な女性などが舞う。
歌舞伎下座音楽の一。時代物の貴人の邸の場などで、人物の出入りやせりふの間に用いる静かな鳴り物。大鼓・小鼓・太鼓ではやす。
[補説]書名別項。→序の舞

じょのまい【序の舞】[書名]

宮尾登美子の小説。日本画家、上村松園をモデルとする。昭和57年(1982)、上下2巻で刊行。第17回吉川英治文学賞受賞。映画化作品もある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

序の舞

1984年公開の日本映画。監督:中島貞夫、原作:宮尾登美子、脚本:松田寛夫、撮影:森田富士郎。出演:岡田茉莉子名取裕子風間杜夫水沢アキ三田村邦彦成田三樹夫三田佳子ほか。女流画家・島村松翠の半生を描く。第39回毎日映画コンクール女優助演賞(三田佳子)ほか受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

じょのまい【序の舞】

能楽の舞の一。ゆったりとして品位のある典雅な舞で、主として麗人れいじん・老木の精などが舞う。笛の主旋律を大鼓・小鼓ではやす大小序の舞と、大鼓・小鼓および太鼓ではやす太鼓序の舞とがある。
下座音楽の一。御殿など貴人の邸第の場面で、人物の出入りや台詞せりふの間に用いる、合方と大鼓・小鼓・太鼓の静かな囃子はやし

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

序の舞の関連キーワード出囃子(でばやし)上村 松園山川 秀峰西行桜紅葉狩破の舞中の舞序破急江口檜垣合方羽衣野宮井筒舞事姨捨

序の舞の関連情報