コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寄せなべ(寄せ鍋) よせなべ

1件 の用語解説(寄せなべ(寄せ鍋)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

よせなべ【寄せなべ(寄せ鍋)】

なべ料理の一種。調味した煮汁を煮立てたところへ魚介類,野菜などの材料を入れて煮ながら食べる。魚介類では白身の魚,イカ,エビ,ハマグリ練製品ではかまぼこはんぺん,なると,野菜ではネギ,ダイコンハクサイシュンギク,セリ,たけのこ,ぎんなんキノコ類,ほかに鶏肉,焼豆腐や白滝などを用いることが多い。料理の品数を少なくし,かつ,多人数に供するのに便宜なため盛んに利用され,それぞれにいわくありげな名をつけたものが各地で名物料理とされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

寄せなべ(寄せ鍋)の関連キーワード鍋料理オイスターソース煮切り煮切る煮魚葛醤油デグラッセ割下吸い物澄まし仕立て

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone