コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寄せなべ(寄せ鍋) よせなべ

世界大百科事典 第2版の解説

よせなべ【寄せなべ(寄せ鍋)】

なべ料理の一種。調味した煮汁を煮立てたところへ魚介類,野菜などの材料を入れて煮ながら食べる。魚介類では白身の魚,イカ,エビ,ハマグリ練製品ではかまぼこはんぺん,なると,野菜ではネギ,ダイコンハクサイシュンギク,セリ,たけのこ,ぎんなんキノコ類,ほかに鶏肉,焼豆腐や白滝などを用いることが多い。料理の品数を少なくし,かつ,多人数に供するのに便宜なため盛んに利用され,それぞれにいわくありげな名をつけたものが各地で名物料理とされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone