コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士田吉次(1世) ふじたきちじ[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富士田吉次(1世)
ふじたきちじ[いっせい]

[生]1714
[没]1771
長唄唄方,富士田派家元。富士田家の始祖で宝暦~明和年間の長唄の名人。初め歌舞伎役者で佐野川千蔵,のち一中節太夫となり,都太夫和中と名のった。宝暦9 (59) 年藤田吉次郎となり長唄唄方に転じ,同 12年富士田吉次と改め,さらに吉治と改名した。従来の長唄に一中節,豊後節などの曲節を加えて新たな唄浄瑠璃を創始,また掛合 (かけあい) という新形式を考案し,『鞭桜宇佐幣 (むちざくらうさのみてぐら) 』を大薩摩節との掛合で演奏し好評を博し,名曲『吉原雀』『鷺娘』などの作曲にも力を尽した。その後,6世富士田千蔵が吉治の名義を復活して2世吉治を名のったが,3世を経て4世の没 (1977) 後,名跡は絶えている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

富士田吉次(1世)の関連キーワードハノーバー朝アン奈良屋茂左衛門ジョージ[1世]アン富士田吉治富士田吉次(初代)上野(沖縄県)お蔭参り山岡浚明

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone