コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富谷[町] とみや

百科事典マイペディアの解説

富谷[町]【とみや】

宮城県中部,黒川郡の町。仙台市の北に隣接する。中心の富谷奥州街道の旧宿場町大部分丘陵地で,農業は米作を主体とする。近年は,仙台市の近郊住宅都市化が進む。東日本大震災で,町内において被害が発生。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とみや【富谷[町]】

宮城県中央部,黒川郡の町。人口3万0224(1995)。吉田川中流南岸の丘陵を占める。中心集落の富谷は江戸時代には奥州街道の宿場町で,銘茶の産地としても知られた。丘陵を刻む小河川の谷底に水田があり,米作中心の農業が行われてきたが,1970年代以降仙台市のベッドタウンとして住宅団地の開発が進められ,人口が急増した。90‐95年の人口増加率は23%で県下2位である。国道4号線に沿って丘陵地にゴルフ場,遊園地などがつくられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android