寒河江[市](読み)さがえ

百科事典マイペディアの解説

寒河江[市]【さがえ】

山形県中部の市。1954年市制。山形盆地西部にあたる最上川の支流寒河江川扇状地に中心市街が発達,鎌倉時代大江氏の所領となったが,江戸時代は天領で代官所が置かれた。左沢(あてらざわ)線,山形自動車道が通じ,付近農村の商業中心をなす。食料品,特にコンビーフ製造が盛んで,周辺部では野菜,果実を多産。特にサクランボは県内随一の生産を誇り,サクランボ祭りが有名。寒河江温泉(アルカリ泉,44℃),慈恩宗の本山慈恩寺がある。139.03km2。4万2373人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さがえ【寒河江[市]】

山形県中央部の市。1954年寒河江町と西根柴橋,高松,醍醐の4村が合体,市制。人口4万2805(1995)。山形盆地西部に位置し,市域は葉山(1462m)の南麓部と最上川の支流寒河江川の扇状地の南半を占め,東部には最上川の沖積低地が広がる。明治に入って郡役所が置かれ,山形市に至る左沢(あてらざわ)線の全通(1922)によって西村山郡一帯の行政・経済の中心地として発展した。農村部は果樹栽培が盛んで,サクランボは県内随一の生産を誇る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android