コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛文・延宝検地 かんぶんえんぽうけんち

1件 の用語解説(寛文・延宝検地の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かんぶんえんぽうけんち【寛文・延宝検地】

寛文~延宝期(1661‐81)に関東および畿内の天領を中心にして実施された検地。この検地のねらいは,近世初頭以来の農業生産力の発展を基礎にして自立した小農を,米納を基軸にした生産物年貢の負担者として領主が直接に掌握しようとするものであった。したがって幕藩体制社会の基本原理たる石高制を直接生産者のもとに貫徹させてゆく検地であった。17世紀前半期には,米を中心にした生産物地代が基本的な地代に位置づけられながらも,同時に副次的な地代として陣夫役を中心にした労働地代が併存していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

寛文・延宝検地の関連キーワード順治帝徳川綱重徳川頼房煮売屋順治帝寛文嵐三右衛門寛文模様藩札文字の獄

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone