コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小ソクラテス学派 しょうソクラテスがくはsmall Socratic school

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小ソクラテス学派
しょうソクラテスがくは
small Socratic school

ソクラテスを直接に継いだ諸ソクラテス学派ソクラテスの生活を普遍的な典型として理解し,おのおのの立場から師の根本思想の追求に努めた。しかし彼らの解釈の仕方はいずれも一面的であり師の全体像を継承するにいたらなかったので小ソクラテス学派と呼ばれた。アンチステネスの開いたキュニコス派アリスチッポスキュレネ派エウクレイデスメガラ派,ファイドンのエリス学派がその代表的なものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうソクラテスがくは【小ソクラテス学派】

ギリシア哲学の一学派の総称。ソクラテスの弟子のうちプラトンを除く人々によって創始され,ソクラテスの偉大な精神を部分的に強調した形で継承している。清貧と克己にいそしむアンティステネスを祖とするキュニコス学派,諧謔(かいぎやく)に満ち快楽を肯定するアリスティッポスの開いたキュレネ学派,数学を重んじるエウクレイデスの率いるメガラ学派,師の臨終を伝えたファイドンが始め,メネデモスに伝わったエリス・エレトリア学派が含まれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうソクラテスがくは【小ソクラテス学派】

ソクラテスの弟子たちの創始した学派のうち、メガラ・エリス・キニク・キュレネの四学派をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小ソクラテス学派
しょうそくらてすがくは
minor Socratics

ソクラテスの弟子たちが、師の哲学の一面をそれぞれに受け継いでたてた諸学派の総称。アンティステネスに始まり禁欲と質素を旨とするキニコス学派、アリスティッポスに始まり快楽を最高善と考えたキレネ学派、さらにエウクレイデスに始まり論理的な問答を得意としたメガラ学派などがある。ソクラテスの哲学は、知を求める対話の道の全体にほかならなかったが、これらの人々はその一部分を、生き方としてあるいは主義として固定化した。後のストア学派やエピクロス学派の源流にもなった。[田中享英]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

小ソクラテス学派の関連キーワードエリス・エレトリア学派ディオゲネス[シノペ]テオドロス[キュレネ]エウブリデス