小式部内侍(読み)こしきぶのないし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小式部内侍
こしきぶのないし

[生]?
[没]万寿2(1025).11.
平安時代中期の女流歌人。父は陸奥守道貞,母は和泉式部上東門院彰子に仕えた。藤原公成の子を生んでのち,まもなく母に先立って病死。『後拾遺集』以下の勅撰集入集。「大江山いく野の道の遠ければまだふみも見ず天の橋立」の歌は『小倉百人一首』にとられ,藤原定頼の問いにこの歌をもって答えた話は『俊頼髄脳』 (1115) をはじめ諸書にみえる。ほかにも多くの逸話が歌論書や説話集にみえ,のちには御伽草子小式部』などもできた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

小式部内侍【こしきぶのないし】

平安中期の歌人。〈小式部〉とも呼ばれた。橘道貞を父に,和泉式部を母に持つ。1009年頃,母とともに一条天皇中宮彰子出仕したらしい。歌合の歌人に選ばれた際,丹後にいる母の知恵を借りることができたかとからかわれ,〈大江山いく野の道の遠ければまだふみも見ず天の橋立〉と切り返した逸話は有名。この歌が《小倉百人一首》に採られている。多くの公達に求愛され,のちに藤原公成と結婚して子を成したが,20代後半で夭逝した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小式部内侍 こしきぶの-ないし

?-1025 平安時代中期の歌人。
橘道貞(たちばなの-みちさだ)・和泉(いずみ)式部の娘。母とともに中宮彰子(上東門院)につかえる。宮中の歌会で藤原定頼に「丹後(京都府)にすむ母に代作をたのむ使いをやったか」と皮肉られたとき,即座に「大江山」の歌をよんで,やりこめた。藤原教通(のりみち)の子,ついで藤原公成(きんなり)の子を生んだ。「後拾遺和歌集」などに歌がある。万寿2年11月死去。
【格言など】大江山いく野の道の遠ければまだふみも見ず天(あま)の橋立(「小倉百人一首」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

小式部内侍

没年:万寿2.11(1025)
生年:生年不詳
平安中期の歌人。和泉式部と橘道貞の子。寛弘6(1009)年ごろ母と共に藤原彰子に出仕。百人一首にとられた「大江山いくのの道の遠ければまだふみもみず天の橋立」は,母が再婚した夫と丹後に住んでいるとき,歌合 に選ばれると,藤原定頼が小式部の歌は母の代作という噂だとからかったので,即座に詠んでみせたものだという。これが最も早い時期の作か。確実なその詠歌は数首しかないが,藤原教通に愛され「死ぬばかり嘆きにこそは嘆きしかいきてとふべき身にしあらねば」という名歌を残している。その他いく人もの貴公子と交渉を持ったが,28歳前後の若さで藤原公成の子を生んで死去。母を深く嘆かせた。

(安隨直子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こしきぶのないし【小式部内侍】

?~1025) 平安中期の女流歌人。父は橘道貞、母は和泉式部。上東門院彰子に仕えた。歌合の詠者に選ばれた際、丹後の母のもとへはもう代作を頼んだかとからかわれ、「大江山いくのの道の遠ければまだふみもみず天の橋立」と答えて退けた話は有名。二六、七歳で夭折。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小式部内侍
こしきぶのないし
(?―1025)

平安中期の女流歌人。陸奥守(むつのかみ)橘道貞(たちばなのみちさだ)の女(むすめ)。母は和泉(いずみ)式部。1009年(寛弘6)ころ母とともに上東門院彰子(じょうとうもんいんしょうし)に出仕、関白藤原教通(のりみち)やその異母兄頼宗(よりむね)などに愛され、18年(寛仁2)には教通の子(後の木幡(こわたの)僧正静円(じょうえん))を生んだ。ついで25年(万寿2)には滋の井(しげのい)の頭中将(とうのちゅうじょう)藤原公成(きんなり)の子を生み、そのために没した。享年は27、28歳か。ほかに、公成と結ばれる少し前、和歌六人党の一人、藤原範永(のりなが)との間にも女子をもうけたとも伝えられる。華やかな男性遍歴を伝える逸話のわりには、小式部の歌作は少なく、『後拾遺(ごしゅうい)集』以下の勅撰(ちょくせん)和歌集に、わずかに数首が残されているにすぎない。[平田喜信]
 大江山いく野の道の遠ければまだふみも見ず天の橋立
『森本元子「小式部内侍」(『国文学』所収・1959.3・学燈社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こしきぶ‐の‐ないし【小式部内侍】

平安中期の歌人。橘道貞の娘。母は和泉式部。上東門院に仕え、のち藤原公成と結婚。歌合の歌人に選ばれたとき、藤原定頼に、丹後にいる母に知恵を借りたかとからかわれて、「大江山いく野の道の遠ければまだふみも見ず天の橋立」の歌を返した逸話は有名。三才女の一人とされる。万寿二年(一〇二五)没。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android