コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

届く トズク

デジタル大辞泉の解説

とず・く〔とづく〕【届く】

[動カ四]とどく」に同じ。
「海は艫櫂(ろかい)の―・かん程せめゆくべし」〈平家・一一〉
[動カ下二]とどける」に同じ。
「形見を―・くる音づれは」〈謡・柏崎

とど・く【届く】

[動カ五(四)]
ある所にまで至りつく。達する。及ぶ。「四十に手が―・く」「遠くまで―・く声」
送った品物や郵便物が相手の所に着く。「母から便りが―・く」「贈り物が―・く」
注意などが十分に行きわたる。行き届く。「親の目が―・く」「細かいところまで神経が―・く」
願い事がかなう。気持ちが通じる。「祈りが―・く」「誠意が―・く」
[動カ下二]とどける」の文語形

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とずく【届く】

〔「とどく」の古形〕
( 動四 )
一点から他の一点に至り着く。とどく。 「園原や伏屋に-・くかけ橋の/重之集」
続く。 「海は艫櫂ろかいの-・かん程攻め行くべし/平家 11
( 動下二 )
一点から他の一点に至り着かせる。とどける。 「我をどこまでも送り-・くる者は花と水とで有るぞ/四河入海 14
続ける。 「人の善をするも一日や二日やなんどはすれども久しく-・けてはせぬものなるが/四河入海 24

とどく【届く】

( 動五[四] )
〔「とづく」の転〕
送った物が目的地に達する。 「手紙が-・く」
ある所まで達する。 「手が軒先に-・く」
世話や注意が十分に行き渡る。行き届く。 「注意が-・く」 「扨々おぬしは-・かぬ人ぢや/狂言・人馬」
気持ちが目指す相手に通じる。 「思いが-・く」 〔「届ける」に対する自動詞〕
( 動下二 )
[慣用] かゆい所に手が- ・手が- ・目が-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

届くの関連キーワードtask light蟻の思いも天に登るテンポラリーカードサイハイソックスコールチェーン風に順いて呼ぶスピルオーバーサービスエリアボディーブラシフルレングス未来郵便の日ダイブホーン手が伸びる矢懸かり天を衝く目も遥に四河入海背が立つ光達距離短波放送

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

届くの関連情報