至る/到る(読み)イタル

デジタル大辞泉の解説

いた・る【至る/到る】

[動ラ五(四)]
ある目的地・場所に行き着く。到達する。「峠を経て山頂に―・る」
ある時間・時点になる。「今に―・るも連絡がない」「交渉が深夜に―・る」
ある段階・状態になる。結果が…となる。「大事に―・る」「倒産するに―・る」「事ここに―・ってはやむをえない」

㋐広い範囲に及ぶ。行きわたる。「関東全域に―・る」「恩沢―・らざる所なし」
㋑細かいところまで行き届く。「注意が―・らない」「―・らない看護」
自分の方へやって来る。到来する。「好機―・る」「悲喜こもごも―・る」

㋐(「…から…にいたるまで」の形で)ある範囲の両端の事柄を例示して、その範囲のものすべて、の意を表す。「頭の先から足の先に―・るまで」
㋑(「…にいたっては」の形で)中でもそれが極端であることを表す。「腕力に訴えるに―・っては許しがたい」
極限に達する。きわまる。
「徳の―・れりけるにや」〈徒然・六〇〉
[可能]いたれる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android