コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本勘介 やまもとかんすけ

4件 の用語解説(山本勘介の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

山本勘介【やまもとかんすけ】

勘助とも書く。《甲陽軍鑑》等が伝える戦国時代の武将。甲州流兵法の祖といわれる。眇目(びょうもく),跛足(はそく)ながら兵法にひいで,武田信玄の軍師として活躍し,69歳で川中島の戦で戦死したという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本勘介 やまもと-かんすけ

1493?-1561 戦国時代の武将。
明応2年?生まれ。武田信玄(しんげん)の軍師。甲州流兵学の祖で永禄(えいろく)4年9月10日の川中島の決戦で戦死したとされる。享年69歳? 架空人物ともいわれたが,信玄の書状に菅助の名があり実在視されるようになった。「甲陽軍鑑」や講談では稀有(けう)の戦略家としてえがかれている。名は晴幸。号は道鬼斎。通称は勘助ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

やまもとかんすけ【山本勘介】

1493?‐1561?(明応2?‐永禄4?)
戦国時代の軍師。〈勘助〉とも書く。《甲陽軍鑑》によれば,武田信玄に仕え軍師として活躍したが,川中島の戦で作戦失敗の責任をとり,69歳で戦死したという。講談や大衆文芸,映画等によって有名であるが,実在したかどうかは不明。弘治3年(1557)6月23日付の市河藤若あて武田信玄書状に〈山本菅助〉の名が見えることから,しだいに実在の人物と考えられるようになっている。【笹本 正治】 山本勘介は《甲陽軍鑑》《北越太平記》などの俗書や講談に,短軀,跛足,眇眼の智将として描かれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山本勘介
やまもとかんすけ
(1500―1561)

室町時代の兵法者。晴幸(はるゆき)ともいい、法名は入道道鬼(にゅうどうどうき)。讃岐(さぬき)(香川県)に生まれる。山口へ行き大内義隆(よしたか)に仕えたのち浪人し、武田晴信(はるのぶ)(信玄)に仕官。兵法に優れ、軍師として重用され、軍略、築城、甲州法度(はっと)の草案など、抜群の功績をあげた。1561年(永禄4)9月10日、武田・上杉の川中島合戦において「きつつきの戦法」を提案し、大激戦の結果、壮烈な討ち死にを遂げた。甲州流兵法の祖とされ、徳川の軍学者小幡景憲(おばたかげのり)によって勘介の名は全国的に広まった。架空の人物といわれたこともあるが、「市川文書」発見で実在が証明され、また『萩藩閥閲録(はぎはんばつえつろく)』(山口県文書館)によって、山口で勘介の子孫が毛利に仕えたことが明らかになっている。[渡辺勝正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山本勘介の関連キーワード秋月北陸新幹線北海道新幹線永禄明応奇文禅才周耕日現北条幻庵両角虎定

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山本勘介の関連情報