コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩間寺 イワマデラ

大辞林 第三版の解説

いわまでら【岩間寺】

大津市石山内畑町にある真言宗岩間山正法寺の俗称。醍醐だいご寺の別院。西国三十三所第一二番の札所。養老年間(717~724)泰澄たいちようの創建で、日本三霊所の一。本尊の千手観音は俗に汗かき観音・雷除け観音と呼ばれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩間寺
いわまでら

滋賀県大津市石山内畑(いしやまうちはた)町にある真言宗醍醐(だいご)派の寺。岩間山正法寺(しょうぼうじ)と号し、通称を岩間寺という。西国三十三所第12番札所。寺伝によると、722年(養老6)元正(げんしょう)天皇の病気平癒を祈願した泰澄(たいちょう)が、勅によって七堂伽藍(がらん)を建立したのが創建という。往時は熊野(くまの)、吉野に次ぎ第三の霊場として尊崇された。本尊の千手観音(せんじゅかんのん)像は「雷除(よ)け観音」「汗かき観音」といわれる。由来によると、落雷による伽藍焼失が相次ぎ、その罪を責められた雷神が、「仏門に入りたく寺を訪ね、雷火のために迷惑をかけたが、今後はこの寺への参詣(さんけい)者に雷除けをする」といって岩を爪(つめ)でかいて水を出したのによるという。地蔵菩薩(じぞうぼさつ)像、不動明王像、矜迦羅(こんがら)・制(せいたか)童子像は国の重要文化財。芭蕉(ばしょう)はこの奥にあった幻住庵(げんじゅうあん)に滞在「先(まづ)たのむ椎(しひ)の木も有夏木立」の句を詠んだ。[中山清田]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

岩間寺の関連キーワード滋賀県大津市石山内畑町正法寺(岩間寺)滋賀県大津市俗称別院