コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川根[町] かわね

百科事典マイペディアの解説

川根[町]【かわね】

静岡県中部,大井川中流域の榛原(はいばら)郡の旧町。大部分は山地でスギ,ヒノキの美林が多く,大井川鉄道開通前は大井川の筏(いかだ)流しが盛んであった。大井川とその支流沿いに集落が発達,川根茶の大産地。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かわね【川根[町]】

静岡県中部,榛原(はいばら)郡の町。人口6979(1995)。中央部を大井川が南流し,川に沿って大井川鉄道が通る。大井川には西から家山川,東から笹間川,身成川が注ぎ,これらの河川沿いに集落が点在する。中心地は家山で,中世には山香荘のうちにあった。町域の大半が山林で占められ,茶の栽培と林業が営まれる。茶業は長い伝統をもち,気候条件にも恵まれて,天然玉露とも呼ばれる名茶,川根茶を産し,茶の生産額は農業生産額のほとんどを占める。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

川根[町]の関連キーワード南アルプス国立公園赤石山脈寸又峡

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android