コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市座 いちざ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市座
いちざ

中世,場における一定商品の専売権を有した寺社荘園領主は,自領の繁栄,市場税徴収を目的に市場を保護し,市庭 (いちば) 沙汰人,市目代などの管理人をおいて商人を統制した。市座衆は領主の保護のもとに営業が保証され,販売座席を独占して,ほかの商人を排除した。しかし応仁の乱後は,座に加わらない新しい商人の増加によって,次第に封鎖的性格を帯びるようになった。さらに戦国大名が領国内の経済流通と城下町育成のため市場税や販売座席を撤廃する楽市・楽座政策をとったので,市座は一部を除いて解散した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いち‐ざ【市座】

中世、市場に設けられた特権的な販売座席。領主に市座役営業税)を納入し、その保護を受けた。戦国大名の楽市楽座政策により撤廃。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いちざ【市座】

中世の市に設けられた販売座席(店舗)をいう。市場に定住する商人のほか,各地を移動する商人もこの市座を確保していた。14世紀初頭の奈良西大寺古図には,鋳物師座,魚座などの市座を持つ門前市が描かれており,15世紀初頭の奈良南市も塩座,米座など30余の市座から構成されていた。このほか大坂四天王寺門前の浜市や備中国新見荘の市も多くの市座から成っている。領主の管理を受ける市では,原則として市座を持たぬ者は営業することができなかった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いちざ【市座】

中世、市場で荘園領主の保護のもとに販売座席(店舗)を独占していた特権的同業者団体。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の市座の言及

【市】より

…領家方を加えると,その倍の規模をもつ市であり,定住化が進んでいたと考えられる。室町初期には,奈良では,南市,北市,高天市が毎日交替に開かれ,南市には30余の市座があった。1433年(永享5),安芸国沼田(ぬた)荘の安直(あじか)郷の市は,在家300宇,小坂郷新市(塩入市庭)は在家150宇を数えるほどの繁栄ぶりであった。…

【楽市・楽座】より

…しかし現在では,これらの権力の発布した楽市・楽座令の以前に,各地に〈縁切り〉を基本的性格とする楽市場なるものがすでに成立していたことが想定され,この法令は城下町の繁栄を目的とした楽市場の機能の利用と位置づけられるに至っている。そして,この楽市と楽座の関係は,楽市(場)はすべて市場の座(市座)がない楽座であり,楽座は楽市のひとつの属性にすぎないとされている。その意味で楽市・楽座令という呼称より,楽市令のほうがふさわしい呼称といえる。…

※「市座」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

市座の関連キーワード竹田扇之助記念国際糸操り人形館荘園市場伊勢商人市場銭市場町楽市中世

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

市座の関連情報