十勝総合振興局(読み)とかち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十勝〔総合振興局〕
とかち

北海道南東部に設置された北海道の総合出先機関。1948年制定の北海道支庁設置条例に基づき,十勝支庁として設立。2009年制定の北海道総合振興局及び振興局の設置に関する条例に基づき,現名称となった。総合振興局所在地は帯広市。所管区域は,帯広市,音更町士幌町上士幌町鹿追町新得町清水町芽室町中札内村更別村大樹町広尾町幕別町池田町豊頃町本別町足寄町陸別町浦幌町の 19市町村。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十勝総合振興局
とかちそうごうしんこうきょく

北海道庁の出先機関で、2010年(平成22)に、それまでの十勝支庁を改称・改組して設置された。組織体制および機能は地方自治法第155条に定める支庁と同格・同列で、局所在地は帯広(おびひろ)市。所管区域は北海道南東部の音更(おとふけ)、士幌(しほろ)、上士幌、鹿追(しかおい)、新得(しんとく)、清水、芽室(めむろ)、大樹(たいき)、広尾、幕別(まくべつ)、池田、豊頃(とよころ)、本別(ほんべつ)、足寄(あしょろ)、陸別(りくべつ)、浦幌(うらほろ)の16町と、中札内(なかさつない)、更別(さらべつ)の2村で、その面積は1万0208.69平方キロメートル(一部境界未定)、人口18万0540(2010)。原則として市域は所管外であるが、帯広市を含む地域を管轄下とする場合もあり、同市を含む面積は1万0827.63平方キロメートル(一部境界未定)、人口34万8597(2010)。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十勝総合振興局の関連情報