コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常陸太田[市] ひたちおおた

百科事典マイペディアの解説

常陸太田[市]【ひたちおおた】

茨城県中北部にあり,北端は福島県に接する市。1954年市制。中心市街は中世に佐竹氏本拠地,近世以降は水戸徳川家所領となり,物資集散地として発展。東は日立市に接する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひたちおおた【常陸太田[市]】

茨城県北東部の市。1954年市制。人口3万9545(1995)。多賀山地を南流する久慈川支流の里川の谷口に開け,中世には佐竹氏の本拠地であり,1602年(慶長7)の佐竹氏の秋田転封後も物資の集散地として栄えた。1889年以来,水戸と鉄道で結ばれるが,JR水郡線のメーンルートからはずれてからは,里川沿いに福島県内陸部までのびていた商圏が崩壊し,発展が遅れた。平野部は水田を主体とする農村地帯で,自然堤防上ではブドウや梨が栽培される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の常陸太田[市]の言及

【太田】より

…茨城県常陸太田市の旧名。すでに《常陸国風土記》や《和名抄》の中に久慈郡太田里・大田郷としてあらわれる。…

※「常陸太田[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

常陸太田[市]の関連キーワード徳川光圀水戸藩

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android