平湯温泉(読み)ひらゆおんせん

日本大百科全書(ニッポニカ)「平湯温泉」の解説

平湯温泉
ひらゆおんせん

岐阜県高山市奥飛騨温泉郷(おくひだおんせんきょう)平湯にある温泉。平湯川(高原(たかはら)川)の上流標高1200メートル付近に位置する。源は分散し、湧出(ゆうしゅつ)量が豊かで、泉質は単純温泉、塩化物泉など多様である。1564年(永禄7)に発見されたという古い湯治場。第二次世界大戦後、観光バス交通の発達により、旅館、民宿がしだいに増加。国道158号と471号が通じ、長野県松本市とは1997年(平成9)に開通した安房(あぼう)峠道路で結ばれる。付近に高さ64メートル、幅6メートルの平湯大滝があり、スキー場、キャンプ場のほか、近年、飛騨・北アルプス自然文化センターができた。国民保養温泉地

[上島正徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「平湯温泉」の解説

平湯温泉
ひらゆおんせん

岐阜県北東部,乗鞍岳 (3026m) 北麓にある温泉。高原川上流,高山市の標高 1233mに位置し,夏でも気温は 20℃前後で,避暑地としても知られる。泉質は単純泉,重曹泉,食塩泉,硫黄泉。泉温は 96℃。神経諸病に効能があるといわれる。国民保養温泉地に指定中部山岳国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「平湯温泉」の解説

ひらゆ‐おんせん ‥ヲンセン【平湯温泉】

岐阜県北東部、高山市奥飛騨温泉郷平湯にある温泉。乗鞍岳北側のふもと、高原川の上流に沿う。泉質は単純泉・重曹泉・食塩泉。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉プラス「平湯温泉」の解説

平湯温泉

岐阜県高山市、乗鞍岳北麓、平湯川上流にある温泉。奥飛騨温泉郷に属する。1964年、国民保養温泉地に指定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android