コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高原川 たかはらがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高原川
たかはらがわ

岐阜県の北部を流れる川。全長約 47km。乗鞍岳北麓の平湯から流出し,西方に流れ,蒲田川,双六川,蔵柱川,跡津川などを合せて富山県境で宮川と合流して神通川となる。上流部は中部山岳国立公園に属し,温泉地の多い観光地であるが,焼岳山麓などからの土石の流出が多い荒れ川である。中流の神岡付近では模式的な河岸段丘を形成している。下流部の神通川では,神岡鉱山鉱毒による河水汚染が問題となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たかはらがわ【高原川】

岐阜県北東部を流れる川。宮川と合して富山県に入り,神通(じんづう)川となる。宮川との合流点までの幹川流路延長59km,流域面積782km2。乗鞍岳北方の大丹生岳(おおにゆうがだけ)(2701m)付近に源を発するが,上流部は平湯川ともいい,この川が蒲田(がまだ)川と合する上宝村栃尾付近からが狭義の高原川である。両岸段丘が発達,神岡町から下流では高原峡の景勝をつくり,富山県細入村猪谷(いのたに)で宮川に合流する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔岐阜県〕高原川(たかはらがわ)


岐阜県北東部を流れる川。飛騨(ひだ)山脈(北アルプス)の乗鞍(のりくら)火山群北部の四ッ(よつ)岳(標高2745m)付近に源を発し、北西流して岐阜・富山県境で神通(じんずう)川に合流する。1級河川(神通川水系)。源流部には平湯(ひらゆ)温泉・福地(ふくじ)温泉など奥飛騨温泉郷がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の高原川の言及

【神通川】より

…幹川流路延長120km,全流域面積2720km2。上流は宮川と呼ばれ,岐阜・富山県境付近の猪谷(いのたに)(富山県細入村)で最大の支流高原(たかはら)川を合わせ,下流の富山県側が神通川と呼ばれる。富山県内の流路延長は46km。…

※「高原川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

高原川の関連キーワード栃尾温泉やまびこ花火大会神岡(岐阜県)船津(岐阜県)新穂高[温泉]岐阜県高山市江馬氏城館跡栃尾[温泉]平湯[温泉]岐阜県飛騨市三俣蓮華岳上宝〈村〉神岡[町]上宝[村]北アルプス飛騨[市]飛驒高地高原山椒平湯温泉福地温泉飛騨山地

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android