コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広尾[町] ひろお

百科事典マイペディアの解説

広尾[町]【ひろお】

北海道広尾郡の町。日高山脈の東に位置し,東は太平洋に面する。中心集落は江戸時代からの漁港である十勝港に臨み,港の修築により漁業根拠地として発展。サケ,マスの養殖など漁業を行うほか,畑作酪農も営む。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひろお【広尾[町]】

北海道南部,十勝支庁広尾郡の町。人口9593(1995)。東側は太平洋に面し,西境には日高山脈が連なる。中心市街は広尾川河口に発達し,十勝港がある。寛文年間(1661‐73)に運上屋が設けられ,アイヌとの交易が行われた。沿岸部では漁民を中心に和人の進出が早くから行われたが,内陸部への入植は明治中期になってからである。十勝港と音調津(おしらべつ)港を中心とした水産業が基幹産業で,コンブ,サケ・マス,イカ,サンマなどの漁獲高が多く,水産加工業も盛んである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

広尾[町]の関連キーワード北海道広尾郡

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android