広島平野(読み)ひろしまへいや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

広島平野
ひろしまへいや

広島県南西部,太田川下流域の三角州を中心とした沖積平野。面積約 30km2広島市の中心市街地が広がる。平野のうち可部から祇園付近までは氾濫原で,太田川がいくたびも流路を変え,現在も旧河道が古川として残る。大芝付近から南は全体に低平で,太田川は河口付近で放水路を含めて6つの川に分流し,流出土砂の堆積で平野は年々拡大している。外縁部の近郊農村地域は,近年は住宅や工場の進出が著しい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひろしまへいや【広島平野】

広島県南西部,太田川下流部の平野。中流部の古生層地域を穿入(せんにゆう)曲流してきた太田川は,広島市の可部で三篠(みささ)川と根ノ谷川を合わせ,南南西に流れて広島湾に注ぐ。標高22mの可部から5mの祇園大橋までの細長い沖積平野を太田川下流低地,それより下流部を太田川三角州(通称広島デルタ)と呼ぶ。北北東~南南西の谷方向は中国地方西部の特徴的断層構造であり,広島平野およびその延長にある広島湾の形成はこの構造に支配されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔広島県〕広島平野(ひろしまへいや)


広島県南西部、太田(おおた)川下流域に広がる沖積(ちゅうせき)平野。全域に広島市の市街地がのる。太田川河口三角州は江戸時代から干拓が始まり、明治期以降は工場用地・軍用地・港湾用地として埋め立てが本格化。面積は干拓・埋め立て前の3倍に達した。広島市安佐北区可部(かべ)南で太田川本流に三篠(みささ)川・根谷(ねのたに)川が合流し、幅約3km、長さ約8kmの氾濫原(はんらんげん)をつくり、下流で分流した旧太田川から天満(てんま)川など6分流が大三角州(広島デルタ)を形成し、5河口が広島湾に流出する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

広島平野
ひろしまへいや

広島県西部、太田(おおた)川の下流に展開する沖積平野。太田川は広島市北部の可部(かべ)で三篠(みささ)川と合流するが、この合流点から広島湾までの南北約20キロメートル、最大幅約5キロメートルの細長い地域をいい、北部は氾濫原(はんらんげん)、下流域は太田川が六分流し、広島デルタとよばれる三角州を形成している。広島市の中心市街地がのるが、平和記念公園以南は広島藩政期に干拓化、第二次世界大戦後は埋立てが進んだ地。比治(ひじ)山、江波(えば)山などはかつての島が陸封されたものである。北部の氾濫原を占める安佐北区、同南区は、かつては近郊農村で蔬菜(そさい)栽培地であったが、都市化が進み、住宅地、工場地となっている。[北川建次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android