コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

廻(回)船 かいせん

1件 の用語解説(廻(回)船の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

廻(回)船【かいせん】

貨物の海上輸送に当たる船。中世以降史料にあらわれ,江戸時代には沿岸航路の開発発展とともに米穀などの大量遠隔地輸送の主力として活躍。大坂〜江戸間の菱垣廻船樽廻船,大坂と日本海沿岸各地を結ぶ北前船その他大坂を中心に全国的規模で発展し,回船問屋が各地にできた。
→関連項目伊勢商人糸荷廻船浦賀番所廻米千石船船頭船宿

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

廻(回)船の関連キーワード廻船貨物保険重要港湾積荷保険馬借海送貨物SLB期間建貨物海上保険ランドブリッジ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone