コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

式守伊之助(初代) しきもり いのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

式守伊之助(初代) しきもり-いのすけ

1743-1823* 江戸時代中期-後期の相撲行司。
寛保(かんぽう)3年生まれ。力士をこころざし伊勢海五太夫に入門。体躯にめぐまれず,行司となる。明和4年式守伊之助の名ではじめて番付にのり,安永3年(1774)木村庄之助の次席行司となる。寛政5年引退し,相撲膏(こう)を販売した。文政5年11月28日死去。80歳。伊豆(いず)加茂郡(静岡県)出身。本名は谷英勝。号は蝸牛(かぎゅう)。著作に「相撲隠雲解」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

式守伊之助(初代)

没年:文政5.11.28(1823.1.9)
生年:元文5(1740)
江戸中期の行司。伊豆国(静岡県)出身。本名は小倉某。初代伊勢ノ海の門弟で初め力士だったが,体が小さく出世できなかったため行司に転向,明和4(1767)年伊之助として番付に載り,木村庄之助の次席行司を務めた。寛政5(1793)年引退して式守蝸牛と名乗り,寛政の上覧相撲を記録した「相撲隠雲解」をまとめている。文化10(1813)年2代が襲名し,1993年まで27代を数える。伊之助は本来木村庄之助に次ぐ立行司とされて木村,式守両家には作法の違いがあるが,10代伊之助が14代庄之助に昇格したのをはじめ,歴代伊之助で庄之助を襲名した者も多い。<参考文献>大村孝吉『式守伊之助代々』

(水野尚文)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

式守伊之助(初代)の関連キーワード合わせる・合せる・併せる木村 庄之助(24代目)木村 庄之助(21代目)木村 庄之助(20代目)木村 庄之助(26代目)式守伊之助(16代)木村庄之助(17代)式守 蝸牛(7代目)木村庄之助(24代)木村庄之助(21代)木村庄之助(20代)木村庄之助(19代)式守伊之助(9代)立て行司・立行司12月15日寛保呼出

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android