コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強制履行 キョウセイリコウ

4件 の用語解説(強制履行の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きょうせい‐りこう〔キヤウセイリカウ〕【強制履行】

債務者債務を履行しない場合、債権者裁判所に訴えて、国家権力により強制的に履行させること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きょうせいりこう【強制履行】

直接強制,間接強制,および代替執行という,三つの強制執行の方法のうち,債務者自身に義務の履行を強制するという意味で,前2者を指すと理解される。民法414条1項および2項は,まず間接強制を含む強制履行の可能性を検討し,その可能性がない場合に,代替執行を考えるという趣旨に読める。しかし,これに対しては,間接強制が債務者の自由意思を抑圧する性格を持つため,代替執行が可能であれば,代替執行を間接強制に優先させるべきであるという批判があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きょうせいりこう【強制履行】

債務者が債務を履行しない場合に、債権者が裁判所に訴え、国家権力によって債務の現実的な履行を強制すること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

強制履行
きょうせいりこう

債務者がその債務を任意に履行しない場合に、強制的に行われる履行。履行の強制といっても、債権者に自力救済を認めることは社会秩序を乱すことになるので、近代社会においては自力救済は認められず、結局、執行権を独占する国家による強制執行の方法によらざるをえない。
 強制履行の方法としては、直接強制、代替執行、間接強制がある。直接強制は、金銭債務、物の引渡し債務の実現のために、代替執行は、家屋収去義務のような他の者がかわって実現できる代替的作為債務の実現のために、間接強制は、証券への署名義務のような不代替的作為義務、および騒音を出さない義務のような不作為債務の実現のために行われる。間接強制は、債務者の個人的な意思の自由を経済的な圧迫を加えて抑圧するものであるから、これによらざるをえない場合にのみ認められるべきである、とされてきたが、現在では、債権者の申立てがあれば、一般的に利用される。不動産の買主が売主に対し所有権移転登記を求めるような場合には、意思表示を求める給付の訴えを提起する必要がある。すなわち、買主は売主に対し移転登記を要求する権利を有し(登記権利者)、売主はこれに協力する義務を有する(登記義務者)。登記の申請は、原則として、登記権利者と義務者が共同して行わなければならない(共同申請。不動産登記法60条)。義務者がこれに協力しない場合には、権利者は、登記手続をするよう命ずる確定判決を得て、単独で申請することになる(同法63条)。このように登記義務の履行を求める訴えは、申請(意思表示)を求めるものであるから、意思表示を求める訴えといえる。この場合、登記手続をするよう命ずる確定判決を得た登記権利者は、その判決をもって単独で登記手続をすることができるので、それ以上の強制的行為(強制執行)は必要ない。債務のうち、夫婦の同居義務や俳優の出演義務のように債務者の意思を尊重しなければならない義務の場合には強制履行は許されず、単に損害賠償が認められるにすぎない。なお、民法第414条で用いられている「強制履行」の語は、直接強制を意味している。[本間義信]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

強制履行の関連キーワード間接強制警察官職務執行法執行罰代替執行直接強制民事執行法執行処分民事執行強制対流強制栄養

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone