コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強膜炎 きょうまくえん scleritis

3件 の用語解説(強膜炎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

強膜炎
きょうまくえん
scleritis

眼球の外膜を形成する強膜に起る炎症。白眼の部分が充血して紫紅色の軽い浮腫がみられる。原因は結核,リウマチなどが多い。上強膜炎は,球結膜の下に淡紫紅色の結節が生じ,やや隆起しているもので,強膜炎に合併していることが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きょうまく‐えん〔キヤウマク‐〕【強膜炎】

強膜の炎症。白目の充血や圧痛・異物感などの症状がある。結核梅毒リウマチ膠原(こうげん)病などでみられ、角膜炎虹彩炎毛様体炎を伴うことがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

強膜炎
きょうまくえん

強膜におこる炎症で、病変の深さによって上強膜炎と強膜炎に分けられる。上強膜炎は浅層の炎症で充血は赤く、しばしばこぶ状の隆起をつくる。強膜炎は深層の充血のため紫紅色で、個々の血管が区別しがたく、またブドウ膜炎を合併することが多い。二つの病型が同時におこっていることも少なくない。再発の傾向があり、そのたびに病変の場所が変わることがよくある。病変部を眼瞼(がんけん)(まぶた)の上から触れると圧痛がある。炎症が強いときは、治ったあとの強膜が薄くなり、黒いブドウ膜の色調が透けてみえ、眼内圧のためにこの部分が隆起して拡張することがある。また悪性の場合、強膜が壊死(えし)に陥って潰瘍(かいよう)となり、穿孔(せんこう)することもある。
 原因的には内因性の発病がほとんどで、リウマチや膠原(こうげん)病などによる。かつては結核や梅毒によるものがよくみられた。治療には副腎(ふくじん)皮質ステロイドホルモンの全身または局所投与が効くことがあるが、原因疾患の治療がたいせつである。[内田幸男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の強膜炎の言及

【強膜】より

…また強度近視でも,眼軸が伸ばされ,長円の眼球となって強膜は伸び,薄くなる。 強膜炎scleritisおよび強膜上の結合組織に起こる上強膜炎episcleritisは,強い充血とともに,疼痛,羞明(しゆうめい)(まぶしがること),流涙,異物感を伴う。結核,リウマチに関連するものも多いが,原因がわからないことも多い。…

※「強膜炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

強膜炎の関連キーワードカロライジング強膜脈絡膜雪盲白眼視白目葡萄膜炎強膜内陥術子嚢菌卵胞膜外膜

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone