コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弾む/勢む ハズム

2件 の用語解説(弾む/勢むの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はず・む〔はづむ〕【弾む/勢む】

[動マ五(四)]

㋐弾力のある物が何かに当たって、反動の力で逆方向に勢いよくはねかえる。はねあがる。「このボールはよく―・む」
㋑勢いに乗って調子づく。活気を帯びる。「―・んだ声で話をする」「希望に心が―・む」
㋒呼吸が激しくなる。荒くなる。「息を―・ませて駆ける」
気前よく金品を余計に出す。奮発する。「チップを―・む」
[補説]歴史的仮名遣いは「はずむ」ともされたが、文明本節用集・日葡辞書など、室町期文献に「はづむ」とあるのに従う。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はずむ【弾む】

( 動五[四] )
(自動詞)
弾力のある物体が物にぶつかってはねかえる。 「このボールはよく-・む」
喜びや運動のため、呼吸や鼓動が激しくなる。また、うれしくて気持ちがうきうきする。 「息が-・む」 「電話の声が-・んでいた」 「胸が-・む」 「心が-・む」
調子よく進む。勢いづく。 「久しぶりの再会に話が-・んだ」
(他動詞)
気前よく多額の金を他人のために出す。 「チップを-・む」 「祝儀を-・む」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弾む/勢むの関連キーワード勢い込む埋む誘い込む皺む富む深む凹む植込む尊む盛込む

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone