コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松林山古墳 しょうりんざんこふん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松林山古墳
しょうりんざんこふん

静岡県磐田市新貝にある前方後円墳全長 116.4m,後円部の径 65m。主体部は長さ 8m,幅 1.3m,高さ 1.6mの竪穴式石室で,その方向は主軸と直交するような位置にある。遺物は鏡4面,石釧琴柱形石製品銅鏃巴形銅器などが出土している。東海地方で最も古い段階の古墳の一つといえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうりんざんこふん【松林山古墳】

JR磐田駅から東北東約3.5km,磐田原台地の南東端,磐田市新貝にある古式の前方後円墳。1931年に発掘調査が行われ,全長116.4m,後円部径65m,同高さ12.8m,前方部幅推定49m,同高さ9.6mとされたが,61年の調査で全長110m,後円部高さ10.8mと訂正された。主軸は東西方向で後円部が沖積地に向く。墳丘の形に周濠がめぐり,葺石(ふきいし)と埴輪を配する。後円部の墳頂下2.6mに,古墳の主軸と直交して長さ7.9m,幅1~1.3m,高さ1.6mの板石小口積み竪穴式石室がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

国指定史跡ガイドの解説

しょうりんざんこふん【松林山古墳】


御厨古墳群(みくりやこふんぐん)

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松林山古墳
しょうりんざんこふん

静岡県磐田(いわた)市新貝(しんがい)、磐田原台地の南東端にある古墳時代前期の前方後円墳。全長110メートル、後円部径62メートル、同高10.8メートル、前端部幅28メートル、くびれ部幅21メートル、前方部高3メートル。1931年(昭和6)に調査が行われ、扁平亜角礫(へんぺいあかくれき)小口積みの竪穴(たてあな)式石室が発見された。石室全長は7.9メートルと大型である。前室、後室に分けて考えることもできる石室の構造については、各所で論議がなされている。出土遺物には、スイジガイ製釧(くしろ)(腕輪)、琴柱(ことじ)形石製品、巴(ともえ)形銅器、内行花文(ないこうかもん)鏡2、四獣鏡、三角縁二神二獣鏡をはじめ、玉類、農工具、武具、武器など多数がある。1954年(昭和29)県史跡に指定された。[柴田 稔]
『樋口清之著『発掘』(1963・学生社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の松林山古墳の言及

【漆工芸】より

…古墳時代は黒漆の時代といってよい。土保山古墳(大阪),七廻鏡塚古墳(栃木),大塚山古墳(福島),松林山古墳(静岡)等,漆器を出土した古墳は多数ある。遺品は日用品のほかに武具が多く,弓矢とともに漆塗の短甲もみられる。…

※「松林山古墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

松林山古墳の関連キーワード静岡県磐田市新貝磐田(市)磐田[市]静岡(県)後藤守一

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android