(読み)そつ

精選版 日本国語大辞典「卒」の解説

そつ【卒】

〘名〙
① 下級の兵卒。とくに、武士では軽輩、侍(士)以下の小者。上士に従属して行動し、またその屋敷や身のまわりの世話をする下僕。足軽、中間など。
※太平記(14C後)一〇「戦に勝て将驕り、卒(ソツ)(をこた)る時は、必破と云へり」 〔史記‐朝鮮伝〕
② 旧軍隊で、下級の兵士。
※陸海軍軍人に下し賜はりたる勅諭‐明治一五年(1882)一月四日「凡(およそ)軍人には上元帥より下一卒に至るまで、其間に官職の階級ありて」
③ 明治初年、同心および旧幕府で躑躅(つつじ)の間詰めの取り扱いを受けていたが、譜代(ふだい)の臣と認められない者を改めて呼んだ称。
※太政官布告第一一〇四号‐明治二年(1869)一二月二日「旧来同心の輩は卒と可称事」
④ 明治三年(一八七〇)九月の藩制によって、諸藩の下級士族を区分して設けた族称。卒族。
⑤ 令制で、四位・五位および諸王の死去のこと。卒去(そっきょ)
※令義解(718)喪葬「凡百官身亡者。親王及三位以上称薨。五位以上。及皇親称卒」
⑥ 卒業。学校名や卒業年の下に添える。「A大学卒」「昭和六年卒」

しゅつ【卒】

〘名〙
① 死ぬこと。
※沙汰未練書(14C初)「一、薨とは 大臣逝去事也。一、卒とは 同前」
② しもべ。下男。〔温故知新書(1484)〕

しゅっ‐・す【卒】

〘自サ変〙
① 死ぬ。日本では特に、四位・五位の人の死去をいう。
※知恩院本上宮聖徳法王帝説(917‐1050頃か)「膳夫人病に臥し、将に没に臨まんとするの時に水を乞ふ、然れども聖王許さず、遂に夫人卒すなり」
② 中国で、大夫の死をいう。〔いろは字(1559)〕

そっ‐・す【卒】

〘自サ変〙 =しゅっす(卒)〔書言字考節用集(1717)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「卒」の解説


そつ

明治維新後の一時期,明治政府が旧武士階級の一部に付した身分呼称華族士族に対し,卒族と呼ばれた。明治2 (1869) 年6月明治政府は版籍奉還とともに,旧公卿諸侯を華族,旧武士階級を士族とし,翌3年9月藩制発布に際し,士族のうち下級武士を区別して卒とした。しかし諸藩においてはこの区別の規準が一定しておらず,不均衡が生じたため,同5年1月卒を廃止し,卒のうち世襲の者を士族に繰入れ,一代限りの卒を平民に編入することとした。同5年当時,士族総数は戸主 25万 8952人,家族 102万 3215人,卒は戸主 13万 6873人,家族 49万 2199人であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「卒」の解説

そつ【卒】[漢字項目]

[音]ソツ(漢) シュツ(漢) [訓]おわる おえる
学習漢字]4年
下級の兵士。「弱卒従卒兵卒邏卒(らそつ)
急なさま。にわかに。「卒爾(そつじ)卒然卒中卒倒倉卒
おわる。おえる。「卒業
卒業のこと。「高卒新卒
身分の高い人が死ぬ。「卒去
(俗字「卆」の文字分析から)九十。「卒寿
[補説]5は正しくは「シュツ」と読む。「卆」は俗字。
[名のり]たか
[難読]卒塔婆(そとば)何卒(なにとぞ)

そつ【卒】

下級の兵士。兵卒。「将もも一丸となって戦う」
卒業」の。「大
卒去(そっきょ)」に同じ。
卒族(そつぞく)」に同じ。

しゅつ【卒】[漢字項目]

そつ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【薨奏】より

…宮中儀礼の一つ。喪葬令(そうそうりよう)によると,親王または三位以上の者の死を〈薨〉といい,五位以上の者は〈卒〉,六位以下庶人は〈死〉と称して区別した。親王および五位以上の者が没すると,治部省から太政官を経て天皇に奏聞する。…

【士族】より

…1869年(明治2)6月の版籍奉還後,公卿や諸侯らが華族と称されたのに対し,藩士は一門以下平士にいたるまですべて士族と称した。このうち微禄の者は同年12月に卒とされ,士族は18等,卒は3等に分けられた。この士族のもとに,農工商は平民と称せられた。…

※「卒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android