御殿場[市](読み)ごてんば

百科事典マイペディアの解説

御殿場[市]【ごてんば】

静岡県北東部の市。1955年市制。富士山東斜面と箱根外輪山西斜面を占め,中間に黄瀬川と酒匂(さかわ)川分水界をなす高原があり中心市街が発達。地名は久能山に埋葬した徳川家康の遺体を日光へ移す途中,ここに仮殿を建てて安置したのに由来する。御殿場線が通じ,1969年開通の東名高速道路インターチェンジがある交通要地で,電気・一般機器,輸送用機器などの工業が盛んである。富士箱根伊豆国立公園玄関口にあたり,富士山登山口,高涼のため避暑地として知られ,ゴルフ場など観光開発が進む。火山灰土壌で農業は不振であるが,養鶏,養豚,高冷地野菜栽培が盛ん。富士山麓は陸上自衛隊東富士演習場になっている。2012年,新東名高速道路が東名高速道路から分岐するジャンクションを設置。194.90km2。8万9030人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごてんば【御殿場[市]】

静岡県北東端,富士山東麓の市。1955年御殿場町,富士岡村,原里村,玉穂村,印野(いんの)村が合体,市制。人口8万1803(1995)。御殿場の地名は,徳川家康が造らせた御殿に由来するといわれる。古代の横走駅が置かれた地とされる。古代末から中世にかけて伊勢神宮領大沼鮎沢御厨(みくりや)の内にあり,鎌倉幕府の御家人大森氏一族が強大な勢力を誇っていた。戦国時代には今川氏の勢力圏に入り,大森氏の一族葛山氏が深沢城に拠って支配したが,今川氏滅亡後,後北条氏武田氏の抗争の舞台となり,1571年(元亀2)深沢城は武田氏の手に落ちた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android