徳仁(読み)なるひと

  • 1960―

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1960.2.23. 東京,千代田
第126代天皇在位 2019~ )。明仁上皇)と,民間から初めて皇室に嫁いだ美智子との間の第1皇男子として生まれる。称号浩宮(ひろのみや)。「親子別居」という皇室の伝統を破り,両親のもとで育てられた。1982年学習院大学文学部卒業後,同大学院博士前期課程に進学。1983年からイギリスのオックスフォード大学マートン・カレッジに 2年間留学し,テムズ川水運の歴史について研究する。皇位継承順位第2位の皇族の留学は初の試みだった。1989年昭和天皇崩御,明仁の天皇即位に伴い皇太子となる。1993年外交官の小和田恆の長女,雅子と結婚。2001年第1皇女子,愛子内親王誕生。2019年4月30日の明仁の退位により,翌 5月1日皇位を継ぎ即位。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

皇太子。天皇明仁(あきひと)の第1皇子。幼少時の称号は浩宮(ひろのみや)。2月23日誕生。1982年学習院大学文学部を卒業し,同年同大大学院に進学,史学専攻。1983年オックスフォード大学に留学。1989年1月7日,皇太子となる。1993年6月9日小和田雅子と結婚。2001年敬宮愛子(としのみやあいこ)内親王誕生。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1960(昭和35)‐
天皇明仁の第1皇子。皇太子。称号は浩宮(ひろのみや)。1982年学習院大学文学部史学科卒業後,同大学大学院人文科学研究科に入学。83年イギリスに渡り,オックスフォード大学マートン・カレッジに入学,85年修了。88年学習院大学大学院卒業。【大竹 達男】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

皇統譜にいう126代天皇。上皇明仁(あきひと)の第一男子。称号は浩宮(ひろのみや)。昭和35年2月23日生まれ。東宮(とうぐう)御所で両親に育てられ、学習院幼稚園に入園。1980年(昭和55)2月成年式。1982年学習院大学文学部史学科を卒業。卒業論文は「中世瀬戸内海水運の一考察」。同年4月同大大学院に進学。同年10月ブラジルを公式訪問。1983年6月からイギリスに留学、同年10月オックスフォード大学マートン・カレッジに入学。イギリス王室との交流を深め、社会見聞を広めた。1985年帰国。1986年学習院大学院に復学。オーケストラ部のビオラ奏者としても活躍した。1987年初めて国事行為の臨時代行を務め、1989年(平成1)昭和天皇逝去により、皇太子となる。その後独立して赤坂御所から東宮仮御所へ転居。学習院大学の客員講師として教壇に立つなどの活躍もある。1993年6月9日に外務省次官(当時)小和田恒(おわだひさし)の長女雅子(まさこ)と結婚、2001年12月1日長女の敬宮愛子(としのみやあいこ)が誕生した。

[小田部雄次]

 2019年5月1日、125代天皇の退位により皇位を継承した。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徳仁の関連情報