コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徴兵忌避 チョウヘイキヒ

デジタル大辞泉の解説

ちょうへい‐きひ【徴兵忌避】

徴兵適齢者が、徴兵をまぬがれるために、故意に身体を傷つけたり、病気になったり、逃亡したりすること。兵役忌避

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

徴兵忌避【ちょうへいきひ】

徴兵を免れること,あるいは免れようとすること。良心的兵役拒否が認められない国では,徴兵忌避は逃亡や自傷・仮病というような方法でしか行われ得ず,発覚すると厳重に処罰される。昭和前期の日本では,徴兵忌避逃亡者は年平均2000人に達したと推定される。→徴兵制兵役

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうへいきひ【徴兵忌避】

国民の必任義務とされた兵役を免れるための合法・非合法の行為。絶対的平和主義などの信条にもとづく良心的兵役拒否と,その他の動機にもとづく徴兵忌避とがあった。前者は日露戦争以来,少数であったが一部のキリスト教徒の間に出現し,徴兵を拒否して懲役に服する道を選んだ。合法的徴兵忌避は,初期の徴兵令戸主とその後継者,代人料を払った者,外国在住者などを免役としたため,名目だけの養子縁組,代人料支払,外国渡航などの方法が行われた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうへいきひ【徴兵忌避】

徴兵制度下で、徴兵適齢者が、兵役を免れるために、身体を傷つけたり、疾病を装ったり、逃亡して隠れたりすること。兵役忌避。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

徴兵忌避の関連キーワードハイネマン(Gustav Heinemann)アリ(Muhammad Ali)ジャン ジオノ石川三四郎徴兵適齢者ローエル兵役拒否矢部喜好片山潜疾病

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徴兵忌避の関連情報