コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志賀町 しか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

志賀〔町〕
しか

石川県北西部,能登半島西岸にある町。 1954年志加浦村,堀松村,加茂村,土田村,上熊野村の5村が合体し町制。 1955年下甘田村を編入。 1970年高浜町,2005年には富来町と合体した。町名の由来は近世以来の郷村名による。東側はゆるやかな丘陵地帯で,日本海に面する。西側は海岸地形。中心地区の高浜は江戸時代,若狭から漁師が移住して発展。北部の富来川河口付近は六斎市と大市が立つ市場町として栄えた。福浦は古くからの商港で,江戸時代は北前船避難港であった。米作が中心で,スイカや葉タバコの栽培も行なわれている。ころ柿は特産品。ほかに林業,水産業が行なわれる。海岸部は能登半島国定公園に属し,北部は能登金剛と呼ばれる景勝地。 1993年北部の赤住に建設された北陸電力志賀原子力発電所が営業運転を開始。松尾神社本殿,および高爪神社所蔵の木版彩画懸仏は国指定重要文化財。国道 249号線,能登道路が通る。面積 246.76km2。人口 2万422(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

志賀町の関連キーワード石川県羽咋郡志賀町福浦港ミナト石川県羽咋郡志賀町二所宮極楽寺石川県羽咋郡志賀町富来地頭町石川県羽咋郡志賀町西海千ノ浦石川県羽咋郡志賀町梨谷小山石川県羽咋郡志賀町八幡座主石川県羽咋郡志賀町西海風戸石川県羽咋郡志賀町清水今江石川県羽咋郡志賀町末吉千古石川県羽咋郡志賀町富来牛下石川県羽咋郡志賀町西海風無石川県羽咋郡志賀町富来生神石川県羽咋郡志賀町富来高田石川県羽咋郡志賀町西海久喜石川県羽咋郡志賀町五里峠石川県羽咋郡志賀町火打谷石川県羽咋郡志賀町西山台石川県羽咋郡志賀町大福寺石川県羽咋郡志賀町高浜町石川県羽咋郡志賀町釈迦堂

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

志賀町の関連情報