コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富来 とぎ

2件 の用語解説(富来の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富来
とぎ

石川県北西部,志賀町北部の旧町域。能登半島中央部に位置し,日本海に面する。 1919年町制。 1954年福浦村,熊野村,稗造村,東増穂村,西増穂村,西海村,西浦村の7村と合体。 2005年志賀町と合体。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富来
とぎ

石川県能登(のと)半島中央部、羽咋(はくい)郡にあった旧町名(富来町(まち))。現在は羽咋郡志賀(しか)町北部を占める地域。日本海に臨む。旧富来町は1919年(大正8)町制施行。1954年(昭和29)福浦(ふくら)、熊野、稗造(ひえづくり)、東増穂(ひがしますほ)、西増穂、西海(さいかい)、西浦(にしうら)の7村と合併。2005年(平成17)羽咋郡志賀町に合併。国道249号が通じる。旧町域は丘陵地が多く、富来川などの下流域に小沖積平野がある。農業は米作のほか砂丘地ではタバコやカボチャを栽培する。富来港、福浦港を中心とする沿岸漁業も盛んである。福浦港は8~9世紀に大陸の渤海(ぼっかい)の使者を送迎した港で、明治まで船舶の寄港地としてにぎわった。漁民のなかには船員として出稼ぎに行く者も多い。海岸一帯は能登半島国定公園域で、とくに能登金剛(こんごう)と称する地域は、巌門(がんもん)、関野鼻(せきのはな)、ヤセの断崖など奇岩・怪石の男性的海岸美に富み、外浦(そとうら)の代表的観光地である。特産に歌仙貝細工がある。松尾神社本殿は国の重要文化財に指定されている。[矢ヶ崎孝雄]
『『富来町史』全3巻(1974~1977・富来町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富来の関連キーワード志賀原子力発電所石川県羽咋郡志賀町北吉田石川県羽咋郡志賀町笹波石川県羽咋郡志賀町石川県羽咋郡志賀町末吉石川県羽咋郡志賀町舘富来〈町〉石川県羽咋郡石川県羽咋郡志賀町町石川県羽咋郡志賀町町居

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

富来の関連情報