コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

快楽亭ブラック(1世) かいらくていブラック[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

快楽亭ブラック(1世)
かいらくていブラック[いっせい]

[生]1858.12.22. オーストラリアアデレード
[没]1923.9.19. 東京
オーストラリア生まれの落語家,探偵小説家。本名 Henry James Black。イギリス国籍,のち日本に帰化。1860年頃,父ジョン・レディ・ブラックが訪日。数年後,ヘンリーも訪日する。父は『日新真事誌』という日本語の新聞を発行していたが,政府の圧力で廃刊となり中国の上海へ移る。ヘンリーは日本に残り,1876年西洋手品師となる。その後アメリカ合衆国シアトルへ渡るが,1878年再び訪日,演説会などに出演する。講談の 2世松林伯円の知遇を得,横浜の寄席に出演し『チャールズ1世伝』『ジャンヌ・ダルク伝』などを読み本格的に芸人となる。その後,英語教師や探偵小説の作家などを経て,1891年三遊派に入り,快楽亭ブラックを名のる。イギリス人情噺を語り,「べらんめえ」の外国人として人気を博す。1903年,イギリスの会社グラモフォンタイプライターが日本で円盤式レコードを録音した際,邦楽演奏家,落語家らを多数斡旋,4世橘家円喬,3世柳家小さんらの肉声を残したのはブラックの功績である。三遊派の真打ちとして活躍,探偵小説家としても作品を残しているが,晩年は不遇で地方巡りなどをしていたという。(→落語

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

快楽亭ブラック(1世)の関連キーワードケクレ安政の大獄徳川家定ムガル帝国徳川家定安政大原幽学遺跡クローフォード快楽亭ブラックノルドクビスト

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone