コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恒常現象 こうじょうげんしょうconstancy phenomenon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

恒常現象
こうじょうげんしょう
constancy phenomenon

心理学用語。ある特定の事物知覚する場合,そこから感覚器官に送られる刺激作用は時々刻々変化するが,一般にこうした刺激作用の変化にもかかわらず,その事物はほぼ同一の特性をもつものとして知覚される傾向にあり,そのような知覚現象を総括する用語。たとえば,大きさの恒常 (事物の観察距離が変化するとその網膜像の大きさも変化するが,知覚される大きさはほぼ一定に保たれる) ,形の恒常 (観察される方向により事物の網膜像の形には種々のひずみを生じるが,どの方向から見てもいつもほぼ同形として見える) ,明るさの恒常,位置の恒常 (目,頭を動かして静止した事物を観察した場合,網膜像は動くが事物は静止して見える) など。音の恒常など視覚以外でもその存在が指摘されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうじょう‐げんしょう〔コウジヤウゲンシヤウ〕【恒常現象】

暗い所でも白紙が白く見えたり、離れた所に立つ人物があまり小さく見えなかったりするなど、観察条件が変わっても、物の性質が変わらないように知覚される現象。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうじょうげんしょう【恒常現象】

〘心〙 感覚器官が受け取る刺激そのものは変化しても、大きさ・形などの知覚上の性質は変わらない感じがする現象。例えば、ある人から二倍の距離に離れると網膜上での大きさは半分になるが、実際にはほぼ同じ大きさに知覚されるなど。知覚の恒常性。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

恒常現象
こうじょうげんしょう
constancy phenomenon

同一の対象をいろいろの距離から眺めると、それに応じて網膜像の大きさが変化しているのにもかかわらず、対象の見かけの大きさ(知覚された大きさ)はほとんど変わらず、一定のように見える。これを大きさの恒常現象という。ただし、恒常といっても、知覚上の大きさが絶対に変わらず完全に一定という意味ではなく、程度の問題である。網膜像の著しい縮小化に比べ、知覚された大きさの変化はかなり少ないという意味である。
 円い皿や盆の形は斜め方向から見ても、極端に斜めの位置から見るのでない限り、楕円(だえん)ではなく円形に見える。これは形の恒常現象といわれる。恒常現象は、大きさ、形のほかに、色、明るさ、音の強さなどにも現れる。恒常の程度は、観察条件、観察態度、対象の性質などによって異なる。[今井省吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

恒常現象の関連キーワードE. ブランズウィク恒常仮定色の恒常恒常性視空間

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android