意見封事(読み)いけんふうじ

世界大百科事典 第2版の解説

いけんふうじ【意見封事】

律令制下で,政治上の意見を徴する詔に応じて,官人たちが封進した奏状。古代中国では《漢書》宣帝紀に〈群臣をして封事を奏するを得せしめ,以て下情を知る〉と初めて見える。日本では唐令を基にして作られた大宝令(701成立)の中に,意見を述べようとする者は,密封して上進せよ,その意見は少納言から天皇に奏聞するが,公正を期するために開封してはならない,と明文化されている。その具体的な規定は平安中期の《新儀式》《西宮記》等に詳しく見える。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いけんふうじ【意見封事】

古代、律令官僚が天皇の命により、密封して提出した政治上の意見書。封事。三善清行の「意見封事十二箇条」や、菅原文時の「意見封事三箇条」が有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

意見封事
いけんふうじ

奈良・平安時代に国家の重要な政策について、天皇が勅旨をもって臣下の意見を求めたのに対して、密封して奉った意見書。わが国における淵源(えんげん)は646年(大化2)の鐘匱(しょうき)の制にあり、天武(てんむ)朝にはすでに行われていたが、令制(りょうせい)では公式(くしき)令の規定に基づいてしばしば意見が奉られ、三善清行(みよしきよゆき)の「意見十二箇条」、菅原文時(すがわらのふみとき)の「封事三箇条」はとくに有名。しかし村上(むらかみ)天皇崩御(967)を境として有名無実化した。[福井俊彦]
『古代学協会編『延喜天暦時代の研究』(1969・吉川弘文館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いけん‐ふうじ【意見封事】

〘名〙 平安時代、国家に事ある時、勅旨をもって臣下の意見を求めたのに対して、密封して奉った意見書。醍醐天皇の時の三善清行の「意見十二箇条」、村上天皇の時の菅原文時の「封事三箇条」が有名。平安中期以後は、実質的な意義が失われた。→封事
※本朝文粋(1060頃)二「意見封事 公卿意見六箇条 格」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android