コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


しょう

天皇の意志を公布する文書詔書,みことのり。臨時の大事や大権の施行に関する旨を伝える場合に用いられ,中務省の内記が作成した。宣命 (せんみょう) も同義で,詔とともに「みことのり」と読み,いわゆる万葉がなによる国文体の文章 (宣命体) を用いた。平安時代中期頃から宣し読む「みことのり」を宣命といい,文章に書き表わすもの (漢文体のもの) を詔というようになった。料紙は黄麻紙 (おうまし) を用いた。 1907年の勅令でも,皇室の大事,大権施行は詔書をもって公布することが定められたが,47年この名称は廃止された。 (→詔勅 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょう〔セウ〕【詔】

天子の命令を直接伝える文書。みことのり。詔書。

しょう【詔】[漢字項目]

常用漢字] [音]ショウ(セウ)(呉)(漢) [訓]みことのり
天子の命令。みことのり。「詔書詔勅聖詔大詔
[名のり]のり

みこと‐のり【詔/勅】

《「御言宣(みことのり)」の意》
天皇の言葉。仰せ言。大御言(おおみこと)。
古文書様式の一。天皇の命令を直接に下す文書。養老令の公式令(くしきりょう)には詔と勅の二つの様式が規定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しょう【詔】

天皇のことばそのもの,または天皇のことばを宣(の)べ伝えること,あるいはその文書。法隆寺金銅薬師像の推古15年(607)の銘に見える〈詔〉は天皇のことばを意味し,《日本書紀》大化元年(645)条に〈巨勢徳太臣,高麗使に詔す〉と見えるのは,詔が天皇のことばを宣べ伝える意味に用いられた例である。やがて令の制定により公文書制度が整えられるに従い,詔も文書として記されるようになり,天皇のことばをそのまま和文で表現する詔すなわち宣命と,中国風の漢文の詔の両様式が成立した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょう【詔】

天皇の命令。また、それを伝える文書。改元など、臨時の大事に発せられるもの。みことのり。 → ちよく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

詔の関連キーワードアメノワカヒコ(天稚彦)君だけにメリークリスマス昨日の私にサヨナラを青い瞳の聖ライフ禁じられたマリコ検事・若浦葉子播磨風土記うむがしむ吾妻・吾嬬歴朝詔詞解豊後風土記大理(国)大理(市)肥前風土記郡評論争一世一元意見封事卜庭の神国分僧寺古風土記

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

詔の関連情報